Androidのスマホから、ワンクリックでゲームプレイを中継できる新機能が「Kamcord」に登場

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.12.18

Kamcord_Android_Broadcasting

約1ヶ月前に、そのライブストリーミングサービスを日本と韓国で開始した「Kamcord(カムコード)」。世界中に10億人いると言われるモバイルゲームユーザーを繋げるべく、グローバル展開にも力を入れています。そんなカムコードが、新たにAndroid向けのブロードキャスティング機能のリリースを発表しました。

今回の機能追加で、Android 5.0以上を使う4億人以上のユーザーが、ボタンをワンクリックするだけでスマホからゲームプレイを中継することが可能になります。カムコードでは、ゲームプレイのクリエイターや視聴者は、流動性のあるグループだと捉えています。多くの視聴者が、自らもコンテンツを作ることを願っている。スマホから中継できるようにすることで、誰もがクリエイターになることができます。

カムコードの共同ファウンダーであるAditya Rathnamさんは、こうコメントします。

「特に日本や韓国のティーンエイジャーは、自分のコンピューターを持っていないため、Twitchやニコニコ動画などでストリーミングすることができません。こうした市場の若者に対して、モバイルからストリーミングできる選択肢を提供することで、より多くのユーザーにリーチすることができると思っています」

これまでのところ、ライブストリーミングサービスへの反響は大きく、日本と韓国共にApp Storeのトップページでフィーチャーされました。日本では、ニコニコ動画やNetflix、Huluなどを抜いて、エンターテインメントカテゴリーの10位にランクイン。

無料iPhoneアプリの
無料iPhoneアプリの10位にランクイン

韓国では、パートナーシップを組むゲームパーソナリティ「Sleepground」と「Ddotty」の口コミ効果によって、Play Storeのメディアとビデオカテゴリーで5位の座を獲得しました。両ゲーム共に、カムコード上のフォロワー数は20,000人を突破。日本では、人気ゲームパーソナリティの「Sasuke」がフォロワー数10,000人を突破しています。

カムコードは、ゲーム中継のデファクトの行き先になりつつあります。例えば、世界的に人気なゲーム「Clash of Clans」は、今年最大のアップデートを12月10日に迎えました。Clash of Clansの代表的なYouTuberは5人共、カムコードでストリーミング配信しており、ゲームリリースの当日も多くのユーザーが集まりました。
日本と韓国にオフィスを構えるカムコードは、今後もアジア展開に注力していくとのことです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------