韓国の政府系銀行が約100億円規模の新ファンドを組成、GBら日中米韓のファンド5社に出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.12.4

global-partnership-fund-2
左から:Nautilus Venture Partners 共同創業者 Brian Kang 氏、IDG Capital Partners Kenny Hong氏、Red Badge 代表 Robert Burch 氏、韓国産業銀行副頭取 ミン・キョンジン(민경진)氏、韓国金融委員会産業金融課長 チェ・ヨンホ(최용호)氏、韓国企業銀行頭取 キム・ヨンギュ(김영규)氏、産銀(サンウン)資産運用代表 ソ・サンチョル(서상철)氏、グローバル・ブレイン代表 百合本安彦氏、Translink Capital 代表 パク・ソンビン(박성빈)氏 出典:韓国産業銀行

韓国で中小企業向けに融資や投資を行う韓国産業銀行(KDB)と中小企業銀行(IBK、KSE:24110)は今週、韓国のスタートアップに国外のベンチャーキャピタルが投資することを意図したファンド「Global Partnership Fund 2号(GPF2)」を組成したことを発表した。ファンドの規模は1,000億ウォン(約105億円)。

このファンドは、韓国国内のファンドに対して投資する「fund of funds」の形で運用され、投資を受けた子ファンドは約定総額の50%以上を韓国国内のスタートアップや中小企業に投資する必要がある。GPF2 の運用を受託する KDB 傘下の産銀(サンウン)資産運用は11月27日、出資対象となる子ファンド運用会社を選定した。これらの運用会社は来年6月までに、総額3,500億ウォン(約370億円)規模のファンドを組成する計画だ。選定された運用会社は、グローバル・ブレイン(日本)、Nautilus Venture Partners(アメリカ)、Red Badge(アメリカ)、Translink Capital(韓国)、IDG Capital Partners(中国)の5社。

昨年800億ウォン(約84.5億円)規模で組成された1号ファンド(GPF1)は、アメリカ・イギリス・香港のベンチャーキャピタルを含む5つの運用会社により、総額3,700億ウォン(約390億円)規模の子ファンドが組成され運用が続けられている。

GPF2 は韓国スタートアップのグローバル市場参入を意図して運用されており、この背景には、例えば、韓国のカーナビアプリ・スタートアップ「KIMGISA(김기사)」がダウムカカオに約70億円で買収されたのに対し、イスラエルのカーナビ・スタートアップ「Waze」が Googleに 13億ドル(約1,600億円)で買収されており、この企業評価額のギャップからグローバル市場に進出することの重要性を、韓国の投資家や起業家が痛感しているとされる。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------