音楽アプリ「nana」が躍進、累計再生数は5億回、ユーザ数は150万人を突破

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.16

nana music

nana musicが提供する音楽コミュニティアプリ「nana」のユーザによる投稿楽曲の累計再生数が5億回を超えた。今年1年間で、それまでの5倍となる再生回数となっている。ユーザ数も伸び、150万人を突破した。

同社はこの躍進の背景として、3つの要素をあげている。まず、JUJUや井上苑子、片平里菜といった人気メジャーアーティストとの タイアップ企画を数多く行ったこと。JUJUや井上苑子といったアーティストが実際にnanaユーザとなり、一般ユーザの投稿に歌やハモりを入れるコラボを実施したという。ツイキャスやMixchannel、ニコニコ動画など、インターネット上で有名なユーザたちがnanaを使い始めたことも成長を後押しした。

また、今年nanaでは一般ユーザの廣野ノブユキ氏が作詞作曲したオリジナル楽曲「Rainy」が流行したという。この楽曲の累計再生数は約40万回、2500人以上のユーザーによって歌われた。ユーザが作成したコンテンツの中から人気作が生まれ、サービス内で話題となるというのは、コミュニティサービスの盛り上がりを示すひとつの指標だ。

IMG_1323

そして、今年、nanaが実施した大きなできごとといえば、2015年8月に品川プリンスステラボールにて開催した、ユーザ参加型イベント「みんなでつくる音楽祭 nanaフェス」だろう。参加者数は合計で1000人を超え、ユーザ同士がリアルに繋がる機会を提供した。「nanaフェス」以後、 全国各地でユーザ主催のオフ会やライブイベントが数多く開催されているという。

関連記事

これまで長く地道な取り組みを続けてきたnana。大きく成長した今年を経て、来年はどこを目指すのだろうか。nana music代表取締役社長の文原明臣氏は、

文原氏「今回のリリースは主に日本国内の現象を取り上げていますが、実はアジア圏でもきちんとユーザが伸びています。来年は国内はもちろんのこと、更に海外展開に力を入れていき、”音楽で世界をつなげる”というビジョンに向けて、1歩1歩実現していきたいと思います」

と来年に向けての意気込みを語った。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------