大層な新年の目標より、2016年は確実に達成できる目標を設定して実行しよう

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.12.30

image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> 17 Resolutions only the most successful people make 

新年だと気合を入れて目標を定めるのもいいけれど、大きく出すぎてこれはムリだと結局諦めるなら、自信を持って達成できる小さな目標を設定するほうがいい。2016年のどこかで達成すればいいやくらいの、逆にいうと、確実に達成できるはずの目標を設定してみては。

謝らなきゃいけないことを素直に謝る

人は過ちをおかす。原因は自分にあるのに、他者に責任をなすりつける。でも、どんな時も、自分にまったく責任がないなんてことはありえない。そこにあり得る課題に気がつかなかったのかもしれないし、十分なトレーニングをしなかったのかもしれない。だから、人に責任を問う前に自分で責任を取る。何も失うものはないし、ただ、次に活かせばいい。

ずっと怖くて踏み出せなかったことに挑戦する

「わからない」ことの恐ろしさに勝るものはない。でも、自分が想像するよりも怖いなんてことは滅多に起こらない。それに、恐怖を乗り越えることで味うエキサイトメントがある。あとは、ただ飛び込むだけ。

誰か一人に、彼・彼女の素晴らしさを伝える

十分に称賛されている人など誰一人としていない。何かをうまくやり遂げた人を見つけて、それを伝えよう。それは現在進行形のことではなく、過去に起きたことだっていい。「去年のあのプロジェクト、すごく上手くこなしていて素晴らしかった」と。サプライズの称賛は、送り手から何一つ奪うことなく、受け手にはプライスレスな価値をもたらしてくれる。

一度でいいから、他人がどう考えようと気にしない

普段は、周りにどう思われるかはある程度気にしたほうがいいだろう。でも、そうすることが自分が本当に生きたい人生を阻むことになるなら止めたほうがいい。自分で事業を始めたい。キャリアをがらっと変えたい。でも、周囲に気でも違ったのかと思われるだろな…。そんなのどうってことない。何か一つ、周りにどう思われるかが気になって始めていないことに挑戦してみよう。

先日お届けした「サボることをやめて、尻込みしてしまうほど大きな目標を達成するために有効な方法」にも通じるものがある。Incの記事がすすめる「達成可能」な目標たち。全部で17の目標があるので、残りは元記事をご覧ください。

via. Inc

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------