水分補給のタイミングをコントロールしてくれるスマート水筒「SIPPO」

SHARE:

20151223_sippo

アメリカ人の75%は慢性的に脱水症状にあるという。

そこで水分不足にならないように、水分補給のタイミングをコントロールしてくれるスマート水筒「SIPPO」が登場、現在 Indiegogo でクラウドファンディング中だ。

Bluetoothでスマートフォンと連携し、専用アプリに体重などの生体情報データを設定すると、そのユーザーに合わせた水分補給のタイミングをアドバイスしてくれる。水を飲む時間になったら、スマートフォンで通知され、水筒(SIPPO)の中の水を飲むよう促される。毎日の水を飲んだ量が記録され、水分補給の達成状況も確認できるようになっている。

20151223_sippo2

Indiegogo では、記事執筆時点でクラウドファンディング期間残り15日で、約712万円の資金をあつめ、目標金額の236%を突破してプロジェクトは達成済み。約7,100円(59ドル)で、SIPPOを1つ入手可能だ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録