28億ドル評価のSlack、IPOに向けた準備に突入?

SHARE:

Slack-office-Novet
<ピックアップ>Slack taking steps for IPO readiness

いまや仕事用のメッセージングツールとして欠かせないものになっているSlack。2014年2月にサービスを開始したばかりなのが、わずか1年ちょっとで28億ドルのバリエーションをつけ、いくたの資金調達を果たしています。すでにDAUも100万人を突破。課金ユーザのシェアが高く、B2B向けに堅実な成長カーブをみせています。

そんなSlackが、IPOの準備に入りつつある、とBIが報じています。CEOのStewart Butterfield氏もIPOに関して意欲を示しており、IPOに向けた発言をほのめかしています。

先日はちょっとしたダウンもあったものも、細やかなサービスのアップデートを通じて確実にファンを獲得しているSlack。IPOが実現することでよりそのポジションも堅実になるでしょう。

via Business Insider

----------[AD]----------