現地の起業家に会える「Startuptravels」、Androidアプリと世界各地のコワーキングスペースへの無料パス

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.12.2

Startuptravels

Startuptravels」は、起業家やスタートアップコミュニティに属するメンバーが集まるコミュニティ。この「スタートアップに特化」したLinkedInのようなサービスには、世界中165ヶ国のメンバーが登録しています。これまでに実現したミートアップの回数は、2,000回。先日11月22日には、これまでのWebサイトに加えてAndroidアプリをリリース。iOSアプリも鋭意開発中です。

Startuptravelsの使い方はシンプル。検索ボックスに旅や出張先の場所を入力すると、現地にいるユーザーが一覧になって表示されます。プロフィール情報をもとに会いたい人を見つけたら、あとはメッセージしてみるだけ。ユーザーごとの返信率も記載されているため、返信が期待できそうかも事前にわかります(詳しいサービス概要はインタビュー記事をどうぞ)。

Startuptravelsが最も活発に使われている都市トップ5は、コペンハーゲン、ベルリン、ロンドン、サンフランシスコ、そしてカイロ。リリース当初、東京在住のユーザーの数は限られていましたが、現在では東京にも80名を超えるユーザーが登録しています。私はこれまでにサンフランシスコ、ロンドン、ローマでStartuptravelsを使ってみましたが、ユニークなサービスを手がける起業家たちが集まっている印象です。

Startuptravels-co-working-space

それなりの頻度で世界各地を飛び回るスタートアップ界隈のメンバーが多いことから、新たに始めたのが「Coworking Pass」です。「wework」など、世界35ヶ国のコワーキングスペースを使うことができる無料パスで、旅先で毎度コワーキングスペースを探す手間から解放してくれます。パスへの登録は無料。起業家仲間や同僚など3名がStartuptravelsに登録することで、最大3日間の利用が可能なパスを取得できます。

旅に出ると、その目的が仕事でもプライベートでも、現地の会ってみたいスタートアップに連絡することが習慣になっています。双方にとってプラスになることが前提ではあるものの、IT業界やスタートアップ界隈の人たちは、比較的「accessble」(意訳すると「連絡がとりやすい」「身近な」)。せっかくどこか新しい場所に出向くなら、Startuptravelsで会いたい人を見つけて連絡してみはいかが。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------