韓国のモバイル統括企業Yello Mobileが、日英韓などの投資家から約58億円を調達——IPO前の最終ラウンドか

by beSUCCESS beSUCCESS on 2015.12.18

yello-mobile-entrance

韓国の Yello Mobile(옐로모바일)は、プレスリリースを通じて、総額560億ウォン(約58億円)を調達したことを明らかにした。最近、Yello Mobile は、モバイルコマースの Coocha(쿠차)、コンテンツ・プラットフォームの Pikicast(피키캐스트)を筆頭に第3四半期の売上高が975億ウォン(約100億円)を記録したが、第3四半期までの営業損失が427億ウォン(約44億円)と不安定な状況で、今回の調達は、Yello Mobile が目標とするIPOを間近に控えたものと考えられる。

今回の投資形式は転換社債(CB)によるもので、3年満期償還(支払期日2018.12.21)の9,039,675ウォン普通株式転換条件である。転換社債の転換条件は、企業価値基準40億ドル(約4,850億円)に決定された。

今回の資金調達の内訳は次の通り。

  • アメリカ/韓国 Formation Partners Fund 2 から291億ウォン
  • アメリカ/韓国 Formation 8 Partners Entrepreneurs Fund 2 から49億ウォン
  • 日本 Gloops 創業者の梶原吉広氏から118億ウォン
  • サウジアラビア Olayan Group の子会社 Competrol Luxembourg SARL から58億ウォン
  • イギリスのファッション大手 Pentland Group から35億ウォン
  • 香港の投資会社 Pyrrho Investments から35億ウォン
  • ロンドンの個人投資家 Alessandro Tesei 氏から11億ウォン
  • 香港の投資家 Sohit Khurana 氏から2.4億ウォン

Yello Mobile の今回の資金調達は、既存投資家とともにサウジアラビア、イギリス、日本の企業が参加しており、財政的な懸念を払拭した点では肯定的に捉えられるが、Yello Mobile が指向するモバイルビジネスプラットフォーム事業に、今回の投資家がどの程度の価値を提供してくれるかは疑問だ。

一方、今回のリードインベスターである Formation 8 は、今年11月の2号ファンドを最後に Formation 8 を解体し、Formation 8 の代表パートナーであるク・ボヌン(구본웅、英語名:Brian Koo)氏が Formation グループとは別の投資活動を始める計画であることを明らかにしている。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------