Facebook ザッカーバーグ氏が2016年の抱負を公開「自宅に人工知能を取り入れたい」

SHARE:
via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Robert Scoble“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

毎年、Facebookの経営という本業以外で個人的な目標を立てているCEOのマーク・ザッカーバーグ氏。ここ数年は、毎月2冊の本を読む、中国語を習得する、毎日新しい人に出会うという目標を掲げてきた。

そんなザッカーバーグ氏が2016年の新たな挑戦をFacebook上で公開した。シンプルな人工知能(AI)を自宅のシステムに取り入れること、そして仕事にAIを活用することだ。

まず、どのようなテクノロジーが活用可能かを調べることから始めて、音楽の再生、照明や室温のコントロールなど、自宅の全ての機能を声でコントロールできるようにシステムに自分の声を教え込みたいと意気込む。自宅を訪問した友人を顔認識してから自宅に入れるようにしたり、つい先日誕生した娘Maxの部屋で何かが起きたら、自分に知らせてくれるようなシステムを作りたいとも語る。

仕事の面でも、最近Facebookが力を入れているVR領域で、データの視覚化にAIを役立て、より良いサービスを作り、組織をより効率的に指揮できるようにしたいと述べ、「きっと楽しい挑戦になるはず。1年を通して学んだことをまたシェアしたい」と締めくくっている。

Facebook自身も人工知能研究チームを設置し、着々と研究を進めている。一方で、AIをいかに人間の意志を損なわない形で発展させ、活用するべきかという議論も業界内では活発になりつつある

ザッカーバーグ氏の今年の挑戦が、どのような結果をもたらすか。年末の振り返りに期待したい。

----------[AD]----------