開始から50分でMakuake目標額を達成、遠く離れた家族を繋ぐ「まごチャンネル」が100台だけ追加生産

SHARE:

Mago-Channel-additional-production

遠く離れた家族を繋ぐ「まごチャンネル」。自宅のテレビを簡単な3ステップで動画・写真共有サービスに変えてくれるもので、スマホを始めとするテクノロジーに苦手意識があるシニア世代に向けて開発されました。

2015年の9月14日から10月30日までの約1ヶ月半、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で先行予約のプロジェクトを展開。まごチャンネルは、MakuakeのIoT関連のプロダクトとして、史上最速の開始50分で目標額を達成しました。その後も順調に予約数を伸ばし、最終的に45日間で269名の支援者から571万4,820円の申し込みが集まりました。

2016年元旦の日本経済新聞で紹介されたことで、商品に関する問い合わせが殺到。開発会社であるチカクは、「新春初売り」として100台限定で追加生産を決定しました。商品の到着は2016年6月を予定。まごチャンネルの公式Webサイトで予約することができます。

まごチャンネルの紹介動画をご覧ください。