英単語を1問1秒で解答ーー2週間で15万DL数の「瞬間英単語」にTOEIC 860点を目指す有料アプリが登場

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2016.1.21

Flashcards-600-to-860

レアジョブの「瞬間英単語 600 点 1秒で思い出す瞬間英単語」は、TOEICテスト600点取得を目指す人に向けて、英単語のインプットを促進するアプリです。英単語の記憶定着を瞬発力で計測する斬新なコンセプト、また1分〜3分の隙間時間に活用できる利便性が支持され、リリース後2週間で15万ダウンロードを突破しました。

今回新たに登場したのが、同アプリの上級者版「TOEICテスト 600 点 to 860 点 1 秒で思い出す瞬間英単語」です。このiOSアプリの価格は、480円。TOEICの点数600点〜860点を取得するために確実に覚えたい英単語700個を収録しています。

また同時に、ユーザーから一番要望が多かった単語数の追加に応えるため、瞬間英単語600点の収録単語数も100語から300語に増えました。

600-860-Rarejob-app 600-860-Rarejob
瞬間英単語のUXデザイナーを務める向(むかい)さんが語るアプリ開発秘話では、アプリの最たる特徴は「瞬間」というキーワードにあると説明されています。

「1単語あたり1.5秒以内に解答するように目標設定されています。1.5秒以内に解答できれば、本番でもパッと使える英単語として記憶される。つまり、「本当に英語を覚えた」という体験になるわけです」

瞬間英単語を有効に使うための流れは、大きく分けて3段階。1回目のテストは、自分が覚えている単語とそうでない単語を把握することが大切。自分の状態を把握できたら、その後はひたすらテストを繰り返すことで単語との接触回数を増やしていく。全問正解ができるようになったら、あとは最速の解答を目指します。アプリには正答スピードランクが22段階あるため、最高ランクを目指すことで着実に英単語を覚えることができます。

瞬間英単語を使い続けるモチベーションは、できた!という達成感より、できなかったという悔しさだと言います。

「レアジョブ英会話の場合、レッスン1回25分と長いこともあり「できた」という感覚が継続のモチベーションになっています。一方の瞬間英単語は「できない」、つまり瞬間で答えられないが継続のモチベーションにもなることがわかっています」(レアジョブ新規事業開発部 チームリーダーの山田裕一朗さん)

1問1秒以内で答えられる瞬発力を身につけるまで何度も挑戦することで、「なんとなく知っている」を「本当に覚えた」単語へと変えてくれる瞬間英単語。レアジョブは、今後も英文法やリスニングなど英語力習得のその他の技能領域におけるアプリの開発も予定しています。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------