スタートアップ・ベンチマークのCompassによる、香港のスタートアップ・エコシステムに関するレポート(1/3)

SHARE:

この新たな Compass のレポートは、香港のエコシステムに関する深い分析を行ったグローバルレポート2015のために集められた豊富なデータを用いている。また、中小規模のエコシステムがいかに成長を加速しトップクラスのエコシステムと競合できるかに関しても提言している。

著者:JF Gauthier 氏(Compass)。

香港のスタートアップエコシステムに関するレポートをダウンロードする場合はこちら

Compass の無料アプリで成長基準を分析し、運用成績を測る場合はこちらから。


Hong Kong Annual Reports via Flickr by Dennis Wong
Hong Kong Annual Reports via Flickr by Dennis Wong

香港は、技術系スタートアップエコシステムが急成長しているというだけではなく、その独特の強みによって加速する膨大な可能性を秘めてもいる。世界有数の金融産業および珠江デルタのハードウェア製造集積地と隣合わせという最高のロケーションが、香港にタイムリーな戦略的機会をもたらしている。フィンテックや IoT がその技術セクターの地域成長のカギとなったのと同様である。

しかしながら、それらのチャンスをものにするために、香港はテック起業家が世界レベルのノウハウに追いつき、人材とエンジェル投資のギャップを埋める支援をするプログラムに投資する必要がある。

大企業が労働力を削減し続ける一方、スタートアップが経済成長と雇用創出における一番の推進力となっている世界で、香港は過去の業績とレガシー産業に頼ってばかりではいられない。さらにまた、ソフトウェアがバイオテクノロジー、ナノテクノロジー、生命科学、クリーンテクノロジーなどすべての革新セクターの基礎的な構成要素となっているため、テックスタートアップはただ成長セクターとして重要なだけではなく、戦略的にも欠かせないものとなっている。

Cyberport via Flickr by Jo Schmaltz
Cyberport via Flickr by Jo Schmaltz

エコシステムの相対的強さを評価し成長させることの重要性は、Michael Porter 氏の著書「国の競争優位(原題:Competitive Advantage of Nations)」の中で初めて記述された、ビジネスクラスター論により知られるようになった。特定のセクターや産業の「相互連結する企業、供給元、関連施設が地理的に集積すること」で、それぞれの企業の平均的生産性を向上させ、イノベーションを促し、新たなビジネス(スタートアップ)の創出につながる。このように大型かつバランスの良い産業クラスターは、他の場所に比べ持続可能で競争的な利点を生かし、あるいは支配的位置を獲得するかもしれない(例:シリコンバレーやハリウッド)。

香港はシリコンバレーには決してなり得ず、なろうとするべきでもない。そしてこれは他のすべてのスタートアップエコシステムにとっても同様の事実である。トップ20のエコシステムそれぞれは異なる道をたどっている。各々特有の資産を活用し、最終的に異なる強みが組み合わされ、スタートアップが混ざり合って成功を収めているのだ。

香港には、強いテックスタートアップ・エコシステムの発展を成功させる能力が完全に備わっている。香港にはエコシステムトップ10のうちのいくつかと並ぶほどの、基盤となる強みと戦略上の資産がある。事実、エコシステムトップ20の他の場所よりはるかに多くの資源を所有している。さらに、香港の成長速度はすさまじく、トップレベルのスタートアップエコシステムのうち、そのスピードと同等か勝っているのはわずか5つのみである。明らかに香港は正しい道をたどっており、鼓舞される結果となっている。

しかしながら、その強みにもかかわらず、香港のテックスタートアップエコシステムのランクはトップ20のはるか下位にあって未だ発展の初期段階であり、自立を持続できているとは言い難い。技術セクターは資源のための激しい国際競争の対象となる事実と考え合わせると、香港は他に追いつくために積極的な投資を行う必要がある。

香港にとって当面の目標は、スタートアップエコシステムのトップ10に入ることではなく、経済を多様化して長期繁栄を確実なものとし、革新を取り入れテックスタートアップのエコシステムを成長させることによって、世界をリードする都市の一つとなることである。

エコシステム概説

香港特別自治区は人口730万人で、1平方キロメートルあたり6,600人と世界で最も人口密度の高いエリアの一つである。国際ビジネスの世界では、香港はしっかりした法律環境、地理的優位性などから仕事がしやすい場所として広く知られている。ヘリテージ財団によれば、香港は21年連続(1995年から2015年)で、経済的自由において世界で1位に格付けされている

香港はいくつか重要な強みをもっているが、そのうちの2つは、フィンテックと IoT という急成長中の二大技術系サブセクターに関して、地元のスタートアップに競争的利点をもたらすものである。第一に、香港はニューヨーク、ロンドン、シンガポールと並び、世界で最も重要な国際的金融センターの一つだ。このためフィンテックスタートアップは、世界的な B2B 事業の顧客ニーズを代表する最高決定者との接触が可能になる。そして、世界的 B2B および B2C 事業の顧客ニーズを扱う新たなビジネスモデルの展開を知らせる深い産業専門知識を得ることができる。

第二に、中国の深圳市を含む珠江デルタとの地理的近さがある。グローバルに競合する(もしリードしていないなら)ハードウェアの試作・製造能力は、香港の IoT とウェアラブル関連のスタートアップに対し戦略的に成長する機会を与えてくれる。

他のスタートアップエコシステムと同じように、香港にも課題がある。世界経済フォーラムのグローバル競争力レポートの定義によれば、香港の主要な課題とは、「世界最先端の金融ハブの一つから革新的なパワーハウスへと進化する必要がある。イノベーションは経済的パフォーマンスの最も弱い側面である。

さらに、Global Entrepreneurship Development Institute(GEDI)は、2016年の世界起業家精神指数(GEI)で香港を世界第40位に格付けした。過去5年間に起業家精神を促進しサポートする努力が払われてきたにもかかわらず、2012年の第30位よりさらに下がっている。

(次回に続く)

【via Compass】 @startupcompass

【原文】

----------[AD]----------