スタートアップ・ベンチマークのCompassによる、香港のスタートアップ・エコシステムに関するレポート(2/3)

by Startup Compass Startup Compass on 2016.2.15

この新たな Compass のレポートは、香港のエコシステムに関する深い分析を行ったグローバルレポート2015のために集められた豊富なデータを用いている。また、中小規模のエコシステムがいかに成長を加速しトップクラスのエコシステムと競合できるかに関しても提言している。

著者:JF Gauthier 氏(Compass)。

香港のスタートアップエコシステムに関するレポートをダウンロードする場合はこちら

Compass の無料アプリで成長基準を分析し、運用成績を測る場合はこちらから

前回からの続き>

Hong Kong Annual Reports via Flickr by Dennis Wong
Hong Kong Annual Reports via Flickr by Dennis Wong

エコシステム・アセスメント

Compass のエコシステム・ライフサイクル・モデルによる分析は、香港のスタートアップエコシステムが、アクティベーションと呼ばれる発展の初期段階にあるという事実を示している。同Compass のインプット要素のギャップ分析と合わせて、それは香港のエコシステムにおける課題とフレームソリューションを理解するために用いられた中心的ストラクチャーである。

香港のエコシステム発展が初期段階にあることは、Compass の調査(図1)により明らかになった。創業者の平均年齢が低めであること、そしてより年齢層の高いテック・シリアルアントレプレナーの割合が低いことによって、ある程度は説明がつく。興味深いことに、香港の女性創業者の数は他のエコシステムに比べるとかなり少ない(図2)。

図1 設立者の平均年齢
図1:各国別のスタートアップ創業者の平均年齢
図2 女性設立者の割合
図2:各国別の女性創業者の割合

A)エコシステム・ライフサイクル・モデル(図3と図4)

スタートアップエコシステムのアクティベーション段階における典型的な特徴と課題すべてを、香港も持ち合わせている。この段階で健全なエコシステムは、「追いつくための成長」と呼ばれるプロセスを経る。特に香港では、起業家らは世界のトップエコシステムにいる国際的なステークホルダーとの交流を通して、世界レベルのノウハウに追いつき始めている。

このプロセスを通し、地元のステークホルダーは地元の資源の生産性を向上させる。最新のビジネスモデル、最新のグローバルなチャンスがどういうものか、あるいは Steve Blank 氏の顧客開発モデルといったような、技術系スタートアップ特有にしてグローバルかつ最良の方法を学べるからだ。

アクティベーションの段階は、スタートアップ、人材、資本、トップエコシステムからの投資家といった資源の吸引力が弱いことによっても特徴づけられる。経済の他の産業から引き継がれた資源を除いて、この段階のエコシステムは、地元のステークホルダーたちが一致した努力によって補うべき資源が不足していることを意味している。

同時に、資源と世界レベルのノウハウの不足は、エコシステムの発展、世界をリードするスタートアップの産出、ユニコーン、エコシステムをインテグレーション段階まで進歩させるきっかけとなる多額のイグジット案件などを押しとどめてしまう。その段階のエコシステムは、不足要素を補う助けになり成長を加速させる外的資源を引き付け始める。

図3 エコシステム・ライフサイクル・モデル
図3:エコシステム・ライフサイクル・モデル
図4 各エコシステムのライフサイクル段階
図4:各エコシステムのライフサイクル段階

要約すると、テックスタートアップは基本的に最近の現象であり、地元の若者がキャリアを築く道としてスタートアップを選ぶ動機となるような多額のイグジット案件が欠如しているため、香港は技術人材と起業家活動との差異に苦戦しているということだ。イグジット案件が少ないのは言い換えれば、活発なテック系エンジェル投資家が不足しているということでもある。

起業家達の世界レベルのノウハウが不足していることと合わせて——発展初期段階にあるエコシステムには典型的なことではあるが——様々な要素が不足していることはエコシステムのパフォーマンスが低い理由を物語っている。

B)インプット要素のギャップ分析

エコシステムのパフォーマンス
香港のエコシステム価値は28億米ドルから35億米ドル(図5)で、人口が非常に少ないにもかかわらず同等数のスタートアップ(2,000社台前半)を有するモントリオールやバンクーバー(それぞれ20位と18位にランクイン)よりも、はるか下につけている。シンガポールに比べると香港のエコシステムバリューは約4分の1と低い。

パフォーマンスの問題は他の指標からも明らかである。香港の低いイグジット評価額(合計14億米ドルから17億米ドルのイグジット評価額)、ユニコーン、そして10億米ドル以上のイグジット案件の絶対的不足、すべてのテックスタートアップのプレイグジット合計評価額は15億米ドルから18億米ドル―シンガポールの6分の1以下である。一方で、香港のスタートアップのパフォーマンス、言い換えれば長期にわたるスタートアップ評価額総和の成長推移は、ニューヨークの3分の1となっている(図6)。

図5 エコシステム・バリュー
図5:各エコシステムにおけるスタートアップの評価額総和(単位:10億ドル)
図6 スタートアップ評価額の推移
図6:スタートアップ評価額の推移

アクティベーション段階の常として、香港も小規模ながら急速に成長している。成長指数は3.0であり、トップ20のうち成長速度が5番目に速いアムステルダムのエコシステムと肩を並べるほどだ。これはVC投資が21%減少したにもかかわらず、香港のスタートアップの数とイグジットバリューが成長したことによる。

インプット要素

資金調達

香港にはシード出資のギャップがある。とりわけ活発なエンジェル投資家が不足しているためだ。「通常のシード」ラウンドに達しているスタートアップの割合に注目すればそれは明らかだ。シンガポールとニューヨークで見られる割合の半分以下である(図7)。

図7 シリコンバレーと比較した資金提供を受けるスタートアップの比率
図7:資金調達できるスタートアップの割合(シリコンバレーを100%としている)

アクティベーション段階にある他のエコシステムと異なり、香港の組織化されているベンチャー投資家はすでに世界レベルのノウハウに追いついている。これは彼らが香港をアジアの本部として用い、トップのエコシステムにあるスタートアップに活発に投資するためである。

こうした理由で、そして長い間国際的金融センターをリードしてきた立場ゆえに、香港はシリーズAとBラウンドに関して資金調達のギャップがない。この結論は、資金調達総額とシリーズBへのアトリションファネル(図8、9、10)から導き出される。同じように、レイターステージでの資金調達イベントがほとんどないため、出資のギャップによるのではなく、レイターステージにあるスタートアップへの投資に対する高いポテンシャルが欠如していることに起因する。

図8 シリーズA資金調達額(100万米ドル)
図8:シリーズAラウンド資金調達額(100万米ドル)
図9 シリーズBラウンド資金調達額(100万米ドル)
図9:シリーズBラウンド資金調達額(100万米ドル)
図10 アトリションファネル
図10:資金調達ラウンドでみる、アトリションファネル

市場リーチ

香港のアーリーステージにあるスタートアップは海外の顧客に働きかける点で、テルアビブ(74%)を除くトップ20のエコシステムすべてよりも高い割合を示し(図11)、素晴らしい結果を出している。それぞれの小さな市場と長期間保持してきた世界的な商業中心地としての地位を含む要因がグローバルな売上の発展やマーケティング専門知識、他の建設的な特質を生み出した。

図11 海外顧客の割合
図11:海外顧客の割合

しかしながら、ここ2、3年のシリーズCとDの資金調達ラウンドがほとんど行われていない事実で示される通り、香港スタートアップの起業家とチームは、グローバル市場のチャンスをつかみ発展させるために必要とされるテックスタートアップ特有のスキルとノウハウを確立しなければならない。

人材

香港は人材不足にも悩んでいる。特にスタートアップにとっては良質の技術系人材を見つけるのは困難だ。香港には良質の人材がいるが、優秀な卒業生はスタートアップに伴うハイリスクで負担の大きい仕事よりも、大企業での高収入で安定した仕事を好む傾向にある。

香港のスタートアップも、中国本土や他の場所から海外の技術系人材を呼び寄せることで、移民によって地元の人材不足を埋め合わせようと苦心している。

スタートアップの経験

香港はエコシステムの初期段階、アクティべーション段階にあるため、スタートアップの経験値が低く、シンガポールと比べるとかなり低いのも不思議ではない。例えば、香港の技術系人材にはスタートアップでの過去の経験が不足していて(図12)、創業者にはハイパーグロース・スタートアップの経験がない(図13)。スタートアップの経験は、エコシステムを成熟させ、成功するイグジット案件を蓄えさせるよう、徐々に改善していく要因である。

(※訳者注:文脈から、下の図12と図13を入れ替えました。)

図12 スタートアップの経験がある被雇用者
図12:スタートアップの経験がある被雇用者
図13 ハイパーグロース・スタートアップの経験がある設立者
図13:ハイパーグロース・スタートアップの経験がある創業者

政策

CITIE (City initiative for technology, inovation and entrepreneurship) のリサーチをもとに行われた分析で、香港は4分割のうちの第3集団―ビルダーグループに振り分けられた。ビルダーグループの都市は、活発にイノベーションとアントレプレナー湿布を自都市のポリシー発展に取り込み始めている。同グループの中で、香港は戦略政策の点でリードしているが、他の役割のほとんどは世界の他の都市やシンガポールに後れを取っている(図14)。

図14 香港CITIE vs. シンガポールCITIE
図14:香港 CITIE(濃色) vs. シンガポール CITIE(淡色)

技術系人材不足ゆえ、香港の移民政策は最優先事項となっている。ほとんどの専門家はスタートアップエコシステムの成長の妨げとなっている最たるものの一つが移民政策であると述べている。

【via Compass】 @startupcompass

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------