Alibaba(阿里巴巴)、厳しい規制にも関わらずオンライン宝くじビジネスに投資

SHARE:
Image credit: Alibaba
Image credit: Alibaba

中国当局が闇市場と化していたオンライン宝くじ販売の差し止めを行ってから1年。差し止めがいつ解除されるかはまだ不明だが、中国のインターネット大手企業は、この産業の成長を比較的楽観視している。

エンターテイメント、オンラインヘルス及びセキュリティサービスなどへの進出を進めている中国 e コマース大手企業の Alibaba(阿里巴巴)は、新しい産業への参入を始めた。オンライン宝くじだ。香港で上場している宝くじサービス企業 AGTech(亜博科技)は本日(原文掲載日:3月7日)、Alibaba が60%を、そしてAlibaba の財務関連会社 Ant Financial(螞蟻金融)が残りの40%の株式を保有する会社とサブスクリプション契約を結んだと発表した。

この契約では、Alibaba 支援の会社が1株あたり0.35香港ドルの24億香港ドル(約3億米ドル)でAGTech の株式59.5%を取得する予定だ。1株あたり0.35香港ドルという株価は、同社の市場価格である1.99香港ドル(3月5日の終値)よりも大幅に低い。同日付けの AGTech の時価総額は、ほぼ100億香港ドルである。

この2社間の取引には大きな戦略的意義がある。この取引が結ばれると、AGTech は、Alibaba と Ant Financial が宝くじ関連ビジネスを行う上での主要なパートナーになる。また、国の宝くじ営業ライセンスを申請する上でもそれぞれにとって唯一のパートナーとなるだろう。このライセンスは、宝くじソフトウェア、ハードウェア、販売網及びウェブサイトの整備などを行うものだ。

2007年に設立された AGTech は主にゲーム技術(ゲームソフトウェア、システム、ハードウェア、端末)、オンライン及びモバイル宝くじ、宝くじ運営ビジネスを行っている。

「中国の宝くじ市場には大きな可能性があります」と、Alibaba の広報担当は国営メディアに語っている。

今回の投資により、宝くじ市場で優位に立つことができるようになり、この市場の可能性をさらに探ることが可能になります。当社の e コマース、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの経験や資源は、AGTech がさらなる発展を遂げる上で役に立つでしょう。

China Sports Lottery Administration Center(体育彩票管理中心)によると、2014年には中国のオンライン宝くじ販売は前年よりも23.6%上昇し、過去最高の3,823億元(610億米ドル)まで急増した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------