Facebookメッセンジャー上でKLMの予約確認や航空券の受け取りが可能に

by Yuki Sato Yuki Sato on 2016.4.2

Image: Screenshot
Image: Screenshot

<ピックアップ>Facebook Messenger can now be your boarding pass on KLM flights

Facebookメッセンジャーの進化が止まらない。最近では、Uberの競合で配車アプリのLyftがFacebookメッセンジャーから車を呼べる機能を発表したが、ついに大手航空会社であるKLMオランダ航空との提携もスタートした。

KLMで航空券を予約する際に「Facebookメッセンジャー上でフライト情報のアップデートを受け取る」をチェックすると、メッセンジャー上でKLMオランダ航空の搭乗券が受け取れたり、予約確認、フライト情報のアップデートなどを受け取ることができる。

また、予約客はメッセンジャー上の会話を通じて、KLMのカスタマーサポートともやりとりをすることができる。まさに、会話型のフォーマットを活かしたサービスだ。

Facebookのメッセンジャーチームを率いるDavid Marcus氏は「これは個人的にもずっと解決したかったことです。ストレスと航空旅行の複雑さを取り除くことです」とコメントしている。その問題を解決する上で、KLMは「最初のパートナー」と言及していることから、今後も大手航空会社との提携を進めていく姿勢が感じられる。

Facebookメッセンジャーの月間利用者数は、昨年末には8億人を突破し、順調な成長を遂げている。メッセージングサービスの競争が激化する中で、人気サービスとの統合が進んでいけば、Facebookメッセンジャーの独自の位置が確立されそうだ。

関連記事:
Facebookメッセンジャーからワンプッシュで「Lyft」の送迎依頼が可能に
メッセージングサービスの競争が激化する中、Facebook メッセンジャーが描くビジョンとは?
2016年は「会話型コマース」の年になる

via. The Verge

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------