広がるプチ社食、「オフィスおかん」が千葉や神奈川の一部エリアに拡大

SHARE:

office okan

おかんが運営するぷち社食サービス「オフィスおかん」が、5月9日より神奈川県横浜・川崎エリアを対象に、サービス提供地域を拡大することを発表した。

おかんは、2014年3月から従業員向け福利厚生サービスとして、簡易設置型のぷち社食サービス「オフィスおかん」を開始。全国各地の優良な食品製造者の余剰生産ラインを有効活用することで、安価で安全な食品をオフィスへと届けている。

健康経営や社員の健康管理などへの注目も相まって、「オフィスおかん」は年々注目を集め、現在では、累計導入拠点数は約300に到達しているという。

同社は、今月はじめにも、市川・浦安エリアへとサービス提供エリアを拡大しており、東京外へとサービスの提供先を広げ始めた。エリアの拡大を始めたことで、今後導入拠点数も増加していくと考えられる。