雑誌を読む感覚で3,000以上の占いが使い放題、サブスクリプション型占いアプリ「Rint」

SHARE:

Rint-main Rint-screenshot

女性向けアプリなどの開発を手がけるザッパラスが、月定額400円〜使える女の子のための占いアプリ「Rint」をリリースしました。本媒体でも、過去におひとりさま体験を提供する「ソロモーノ」や、カジュアル占いアプリ「Chapli」などを取材してきました。

同社が国内最大級だと謳う占いアプリでは、3,000以上の占いが使い放題です。また、無料で占えるメニューも2,000以上。また、占い好きの人なら聞いたことがあるモバイル占いサイトで人気の占い師30名が参加しています。安斎勝洋、上地一美、マドモアゼル・愛など、さまざまな占い師による多彩なメニューを取り揃えています。

ピンポイントに何かを占うだけではなく、占い周辺のさまざまなコンテンツを楽しめるアプリに仕上がっている Rint。「出会いの春!そろそろ本気で彼氏がほしい?」、「新しい環境で人と出会う機会も多い春。苦手な人との上手なつき合い方」など、特集ごとに占いを紹介しています。占い師や悩み事から入る従来の占いと異なり、ちょっと雑誌を読むような感覚で占いを楽しむことができます。

もう一つ Rintに特徴的なのが、その占いをレコメンドする機能です。自分からやってみたい占いを探しに行くのではなく、その時々の気分や状況に応じて、最適な占いを提案してくれるもの。占い師をどう選べばいいのかわからないなど、占ってみる前に悩んでしまう部分を取り除くことで、より気軽に占えるような工夫がされています。

Rintでは、今後も占いメニューの開発、キュレーション、レコメンドエンジンなどに注力することで、サービス向上を図っていくとのこと。また、今回リリースしたiOSアプリに加えて、Android版とWeb版のリリースも予定しています。