ヘルスケアアプリ「Noom」が人とテクノロジーを組み合わせた健康管理コーチングが受けられる新プログラムをリリース

SHARE:

noom

NY発のヘルスケアアプリ「Noom」が、本日新たなプログラムをリリースした。新たなプログラムは、アルゴリズムを用いた行動学習システムに加えて、正しい健康習慣を身につけるために構成された16週間のカリキュラム、さらにオンライン上のコーチングの3本セットとなっている。

「Noom」は、ダイエットアプリ「Noom コーチ」や予防医療領域でコーチングプラットフォーム「Noom Health」を提供してきたスタートアップ。提供するアプリの累計ダウンロード数は、世界で4500万人を超えている。今回、新たにリリースするプログラムは、ダイエットと予防医療という2つの領域をつなげる。

新しくリリースされるプログラムには、3つの特徴がある。1つ目は行動変容を促す、16週間のカリキュラムだ。Noomが持つ最新の知識と情報が詰め込まれ、食事・運動・睡眠など減量に必要な知識をすべて学ぶことができるようになっている。元々は英語だったカリキュラムを、日本の管理栄養士が監修し、コピーライターが日本語に合わせてテキストをリライトしているため、日本人にも馴染みやすい。

2つ目が個人にパーソナライズされる点。食事や運動の記録をアプリが学習し、一人ひとりの食生活にあわせて最適化されていく。ユーザの1日の食事内容は、健康度に応じて緑、黄、赤に分けた3色グラフに分けられ、自分の食事の健康度を知ることもできる。

noom1

3つ目が、人の手によるコーチングサポートと仲間とのコミュニケーションの場だ。こうしたヘルスケアアプリで課題となるのは、いかに継続させるか。コーチがユーザのやる気を引き出し、継続をサポートする。アプリ内では、Noom のトレーニングを受けた専門コーチと一対一のコミュニケーションを行い、コーチは生活の記録から「何をどう改善していけばいいか」をアドバイスする。

これまでにも備わっていたNoomのグループ機能をうまく用いて、同じ健康目標をもつ利用者同士のコミュニケーションを促し、コーチや仲間と一緒に減量ができるようにしている。認知行動療法など、心理学的なアプローチを組み込んだプログラムとなっている。

JA-new-dash-2forHW

コーチは、ユーザの生活状況を管理画面で見つつ、ユーザに合わせたアドバイスを行っていく。アルゴリズムによってパーソナライズされるだけではなく、コーチの手によってもユーザに合わせたアドバイスがチャットによって提供される。

コーチとなる人々は、栄養に関する知識はもちろん、オンラインでファシリテーションをするスキルも必要になる。まずはNoom内部でこうした人材を育成し、サービスを提供していくが、将来的にはリモートで働けるようなオペレーションに設計していきたいと考えているという。

同プログラムの利用には、月額5000円が必要。16週間でプログラムが終了するため、期間終了後はフォローアップの期間として異なる価値をサービスとして提供していくことを考えているそうだ。カリキュラム、パーソナライズ、コーチング。この3つを組み合わせることで、Noomは16週間のうちに、ユーザの意識を変え、行動を変え、習慣を変えていくことを目指す。