Snapchatに新たな資金調達の噂:評価額は200億ドル(約2.2兆円)に【訂正】

SHARE:

snapchat

<ピックアップ> Snapchat is raising more money around $20 billion valuation

勢いが止まらないSnapchatに新たな資金調達の話題です。TechCrunchが報じているもので、複数ソースの話として2億ドルの資金調達を進めている件を伝えてます。

このラウンドの評価額は200億ドル(日本円で約2.2兆円)【※】で、情報通り調達がうまく進めばユニコーンのランキングでビッグデータ関連のPalantir Technologiesと並んで世界ランキング4位につけることとなります。

【訂正:初出時に2000億ドルとしておりましたが間違いで正しくは200億ドルです。また、為替がなぜかユーロで計算しておりました。正しくは今日時点で1ドル約109円換算で修正しております。失礼いたしました】

Snapchatの話題まとめ(随時更新)

調達の上位ランクインよりもすごいのはやはりその成長ぶり。記事にもある通り、現在のデイリー(1日ですよ)アクティブユーザーが1億人で5月時点での動画再生回数はこれまた1日に100億回を突破、その2カ月前に80億回だったのを考えると、まだまだ伸びそうな状況。

Facebookのデイリーアクティブユーザーが10億人前後ですから、もちろんそこには遠いものの、比較できる時点で頭一つ抜けてる感はあります。

さて、どこまで伸びることやら。あと、日本で爆発するタイミングが気になります。

via TechCrunch

 

----------[AD]----------