中古産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER」を運営するSORABITOが総額約5億円を資金調達

SHARE:

20160509-01

産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」を運営するSORABITOが、既存株主と新規株主を対象とした第三者割当増資による総額約5億円の資金調達を実施した

引受先となったのは、既存株主のGMO VenturePartners、小泉文明氏、高野秀敏氏に加えて、新規株主としてグリーベンチャーズ、JA三井リース、オプトベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル。

「ALLSTOCKER」は、建設機械や農業機械を中心とした産業機械の取引ができるマーケットプレイス。メガバンク等との連携により独自の決済機能を実現し、売り手の保管場所から世界中に機械を運送する物流機能、全国統一鑑定基準に基づき出張鑑定をする鑑定機能を一括で提供することで、産業機械流通の効率化を目指している。

SORABITOは、2015年9月に既存株主3者に対して、総額1億円超の第三者割当増資を実施している。

業界にメスを入れるーー建設機械や農業機械のオンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER」が1億円を資金調達

2度目の資金調達で、建機・農機を多数取り扱う日本有数の大手総合リース会社であるJA三井リースや、「ALLSTOCKER」独自の決済機能を担う三井住友フィナンシャルグループなどから出資を受けることで、「ALLSTOCKER」をさらに強化していくことを目指す。

----------[AD]----------