米Uvionix、ドローン宅配サービス「nSKY delivery」を来年にもローンチか

SHARE:

Screenshot 2016-05-08 20.35.50

<ピックアップ>Would You Order a Coffee Via Drone?

スマホアプリで注文すると、商品を載せたドローンが飛んで来て、玄関の前に着地する。あなたはドアを開けて商品を取り出し、ドローンを送り返すだけ。

そんな日の到来が近づいているのだろうか。米国カリフォルニア州に本拠を置くドローン企業、Uvionixは2017年半ばまでに小型商品のドローン宅配サービス「nSKY delivery」をスタートする予定だ。

3ドルの配達料金を払えば、半径6マイル(およそ9.7km)以内のパートナー店から商品をドローンで配達してもらうことができる。食料品や薬品、ボディケア製品、電化製品など、500gくらいまでのものならOKだ。

顧客がUvionixのアプリで商品を注文すると、パートナー店へ直ちに通知が行き、店のスタッフが商品を用意してnSKYに載せ、発送する。まるでピッツァの配達人を送り出すかのような要領で。

ドローンの着地場所を設定する方法として、Uvionixは2つのオプションを用意する予定。ポリマーボードを庭の適当な場所に置き、 飛んで来たnSKY がそれを探して着地するか、またはUvionixのアプリを使い、航空画像のプレビュー画面で着地ロケーションを設定する。コントロールセンターは飛行ルートの計算から障害物回避を含めた飛行の全プロセスを管理し、着地の際には「副操縦士」が目的地の地面がタッチダウンに適しているかを確認しながらドローンを手動操作するという。

nSKYは従来のクワッドコプターと比べて高速で飛行距離も長い。プロペラはカバーですっぽりと覆われているため安全性が高く、 緊急時用のパラシュートも内臓している。

この配達サービスが実現すれば、消費者は欲しいものがより簡単に得られるようになるが、それだけではない。商店や飲食店はnSKY deliveryのパートナーになることで、新たな設備投資をすることなくビジネス拡大のチャンスを得るだろう。

ドローン宅配の開発競争ではAmazonが先頭を切っていたが、現在、Uvionix はカナダ、 UK 、オランダで30分間のテスト飛行を実施中で、米連邦航空局 (FAA) の認可を待っている状況だ。

規制が厳しいため、ドローンの産業利用はなかなか進んでいないが、3月10日、スタートアップ会社Flirteyが初のFAA認可を受け、ネバダ州ホーソーンで緊急物資配達のテスト飛行を実施した。

報道によると、NASAとFAAは人と所有地の安全を守るため、ドローンの飛行コントロールシステムを開発中だという。

via. YAHOO Tech!

----------[AD]----------