ビジネスSNSのWantedlyが個人がフィードに投稿できる「Wantedly Feed」機能をリリース

by Junya Mori Junya Mori on 2016.5.11

wantedly feed

ビジネスSNS「Wantedly」を提供するウォンテッドリーは5月11日、個人がウォールに投稿し、ほかのユーザと交流できる新サービス「Wantedly Feed」をリリースした。

この投稿機能は、今年の3月から企業限定に提供していたものだが、リニューアルして個人ユーザーとしても投稿できるようになった。「Wantedly Feed」が導入されたことで、Wantedlyアカウントを持った個人のユーザもフィードに投稿が可能となった。

wantedly feed article

記事投稿画面
記事投稿画面

個人のユーザはフィードを通じて、仕事に関するナレッジを共有することが可能になる。ここで言う”ナレッジ”とは、仕事を通じて得られた知識・知見や体験談のことを指すそうだ。

ウォンテッドリーは、今年に入ってグループチャットアプリ「Syncメッセンジャー」、社内で利用するツールをシェアする口コミ機能「Wantedly Tools」、ポートフォリオプラットフォーム「CASE」など、周辺サービスを続々とリリースしてきた。今回は、久々に「Wantedly」本体の機能追加となる。

ビジネスSNS領域においては、名刺管理アプリ「Eight(エイト)」が2015年7月にニュースフィード機能を追加し、最近になって「Eightでシェア」ボタンをリリースしている。「Wantedly」も個人がフィードを投稿できるようになったことで、SNSとしての側面が強化された。次にリリースされるのは「Wantedlyでシェア」ボタンだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------