アドテクスタジオが人工知能を活用したチャットボット事業子会社を設立

SHARE:

12217_ext_05_0

サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業を行う連結子会社としてAIメッセンジャーを2016年7月1日に設立。人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」の提供を開始した

チャットプラットフォーム「AI Messenger」は、独自の会話エンジンのもと開発されており、ユーザが入力した自然文から条件を自動で抽出。FAQデータベースリストから該当する回答を自動で応答できるようにするというもの。企業のWebサイト上でのユーザとのコミュニケーションに加えて、SNS上でのユーザとのコミュニケーションを効率化することを期待されている。

チャットボットの登場と共に、チャットとAIへの注目度は急激に上昇している。いくつか、既存プラットフォームにおけるチャットボットの事例も登場してきているが、ユーザとの新たなチャネルだと捉える見方が強い。ユーザとコミュニケーションができ、適切な情報を提供していくチャットボットは、アドテクノロジーの文脈からも注目の領域だ。

チャットボットで世界を変えるスタートアップたち(随時更新)

----------[AD]----------