3000万ダウンロードに達したポケモンGo、リリース後1週間のApp Storeの記録樹立

SHARE:
Above: Pokémon Go is No. 1. Image Credit: iTunes
上: 第1位のPokémon Go
Image Credit: iTunes

(編集部注:原文掲載 7月22日)
ポケモンGoの成功は、Apppleのアプリストアでも過去に見た事がないレベルのものだ。

ポケモンGoはiOSのアプリストア上で最初の1週間で、過去最大のダウンロード数を記録した。Clash Royaleの記録を超えて1週間で1000万ダウンロードに達し、このGoogleマップをベースにしたモンスター捕獲ゲームは獲得したプレイヤー数という点では、これまでのどのゲームよりも大きなものであることを証明した。

リサーチ企業のSensor Towerによれば、ポケモンGoが7月6日のデビュー以来3000万ダウンロードに達したとのこと。収益に関しては、ポケモンGoはすでに3500万ドルの収益をあげている。モバイルゲーム業界全体の市場規模は369億ドルである。

GamesBeatはこのゲームをリリースした株式会社ポケモンと開発企業のNianticにコメントをもとめた。新しい情報が入った際には、アップデートしたい。

アプリストアのデータに関して特筆すべき点は、ポケモンGoはまだ世界全体でリリースをしていないという点だ。7月6日にニュージーランドとオーストラリアで、米国で7月7日にリリースされた。他の地域のリリースは、それから1週間以上が経ってからだ。ポケモンGoの記録は3カ国のみで打ち立てられたということだ。

さらに付け加えると、Apple(そして、GoogleはGoogle Play Storeで)はまだポケモンGoを「おすすめアプリ」に入れていない。ほぼ全てのゲーム、Clash Royaleでさえも、AppleとGoogleがストア上で取り上げたことが初期のダウンロード数の勢いに寄与することとなった。だが、ポケモンGoはAppleやGoogleの助けを借りることなく、文化的なブームを巻き起こした。

ポケモンGoのこの勢いは今週も続くはずだ。Ninanticがようやく今週初めに日本でこのゲームをローンチさせたのだから(編集部注:原文掲載 7月22日)。

データトラッキングApp Annieによれば、ポケモンGoは現在、日本やアプリが利用可能な他の国でもトップの収益を上げているアプリだ(第2位のクロアチアを除いて。

【via VentureBeat】
【原文】