スマホと連携して長さをスマートに測ってくれるメジャー「Bagel」が登場

SHARE:

Smartest Tape Measure

モノの長さを測る場面は、日常生活の中で意外と多い。一方で、測る対象に合わせてメジャーをかえるなど、アナログな手法で計測をしている。

海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、スマートフォンと連動して、色々なモノの長さをスマートに計測してくれるメジャー「Bagel」が登場した。

「Bagel」は、「ヒモ」「ウィール」「センサー」の3種類の計測方法が用意されている。計測した長さを音声で記録したり、デバイスをワンタップするとその時点での長さを記録することができる。記録したデータはBluetooth経由でスマホアプリへと送信される。

「Bagel」を使うと、測る対象によって測り方を分けることができ、かつ測った長さを忘れないようにノートにメモしておく必要もなくなる。「Bagel」は、目標金額3万ドルに対して、残り日数30日を残して、30万ドル近くを集めている。