人生を生き抜くために20代で経験しておきたい11のスキル

SHARE:

<ピックアップ> 11 skills every 24-year-old should learn before it’s too late

中学生だった時、通っていた学校の先生が放った「人生、30歳までは勉強」という言葉が未だに耳に残っています。

私は実際にその年代を過ごしてみて、時折その言葉を思い出しながら適度にチャレンジして知見を広げた結果、過去の自分では全く想像もしていなかったメディア運営という仕事をすることになったわけです。

では自分にとって20代のお勉強とはなんだったのでしょうか?そんなことを振り返りたくなる記事がBusiness Insiderに掲載されていましたので、休日のお供にご紹介しましょう。24歳の人たちが身につけるべき11のスキルというもので、大学を卒業して2、3年の頃までに身につけるとそれ以降の人生に大きく影響を与えることになるであろう技術や経験を端的にまとめてくれています。

まあ、冒頭の先生の言葉と同じくふんわりと色々許される年代の間に経験しておいた方がいいんじゃないか、ぐらいの受け止めでよいかと思ったりしますが。

具体的にこのライターさんが提示しているのは次の11の経験です。

  • 商売ができる人になる
  • 心地よい場所からの脱却
  • 何か一つ、光るものを持つ
  • 自分のネットワークを構築する
  • コードを書けるようにする
  • 人を愛する
  • 瞑想を学ぶ
  • 旅をする
  • 自分に投資する
  • くよくよすることに時間を使わない
  • 貯金する

それぞれのアドバイスは原文をチェックしてもらうとして、個人的に重要な項目を挙げるとすると、商売のことを真剣に考えること、光るものを持つこと、コードをかけるようになること、の三つかなと。

特に何か一つ光るものを持つ人というのは、そこから人とのコミュニケーションが生まれ、依頼や取引からビジネスに発展することが多かったような印象がありますから、何をやるべきか迷う場合はここから紐解くといいのかもしれません。ちなみに私は絵を描くのが好きだったのでそこから色々始まりましたし、取材で日々お会いする人たちもそういう経緯の方が多いです。

あとコードを書けるようにする、という項目に理解ができない20代の方は大いに危機感を持っていいと思います。インターネットが当たり前になったこの状況をただ受信するだけの人として存在するのか、それともTwitterに書き込むだけでなくオリジナリティを持って発信できるのか、というのは大きな違いになります。

発信力のある人は独自のネットワークを構築するのが本当に楽になりました。ほぼタダ同然で自分の人生を切り開く武器を手に入れられるわけですから、学んでおいて損はありません。

もちろん、コードを自分がガリガリ書けるという意味ではなく(そうなってももちろんいいですが)書ける技術者の方々とコミュニケーションが取れる、彼らの言語圏に入れることが重要です。

最後に個人的にこれはやっておけばよかった、と思うのが「旅」です。特に海外への旅は単なる憧れであって、現実のものと考えることはほとんどありませんでした。一方で年代を重ねるに従って特に長期の旅は難しくなりがちです。

ということで、今年も暑い夏が終わればもう残り僅か。時間はあっという間に過ぎてしまいますから、何かひとつでも始めてみるのはいかがでしょうか。

via Business Insider

Image Credit : Mike’s High Jump / lilfunky1 on Flickr

----------[AD]----------