ディープラーニング技術を企業向けに提供するLeapMindが総額約3億4000万円を資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2016.8.24

hp_top_pattern09_v005

ディープラーニング技術を活用した企業向けのソリューションを提供するLeapMindが、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、 Visionnaire Ventures Fund、 アーキタイプベンチャーズを引受先とした総額約3億4000万円の第三者割当増資を実施した。

LeapMindは、ディープラーニング技術を活用したシステムソリューション提供、大手企業や大学との共同研究・開発を行ってきた。

同社は、計算やネットワークの圧縮、最適化など小さいコンピューティング環境でも稼働する技術を保有。硬貨サイズのCPU環境でもディープラーニング環境を動かすほどコンパクト化することで、IoTやロボットへの技術適用を可能にすることを目指している。

LeapMindは、「Black Star」と呼ばれる外付けの超小型Deep Learning計算機を開発。現在開発中のプラットフォーム「Juiz Platform」を通じて、用意されたレシピをデバイスにダウンロードすることでディープラーニング技術の利用を可能にする。

step1_v1_2016-Jul-26_10-29-38AM-000_CustomizedView17362556291

step2_notext

今回調達した資金は、ディープラーニング技術をより多くの企業に利用してもらうためのプラットフォーム「Juiz System」の研究開発に充てられる。現段階で、LeapMindのディープラーニング技術を企業が活用した場合、どんなことが可能になるのだろうか。

「例えば、冷蔵庫の中身を認知して、余り物で料理レシピを提案してくれるインテリジェンス冷蔵庫などができます」と、LeapMind CEOの松田総一氏は語る。

LeapMindと富士通との取り組みでは、約2万件の食卓写真データを自動解析してマーケティングデータ化しており、同社がまとめている事例集を見ていると、現段階でも様々なことが可能になるようだ。

LeapMindは、プラットフォームを年内にはリリースすることを予定している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------