北米の「オールステート保険」が家屋被害の請求を迅速に処理するためにドローンを活用

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<ピックアップ> Allstate Insurance embraces drone technology to process claims faster

アメリカの保険会社「オールステート」(Allstate)が、サンアントニオ郊外にある20軒の家の屋根を点検するためにドローンを活用しました。これらの家は、ものによってはソフトボールほども大きなひょうによってダメージを受けました。

この地域が嵐に見舞われたのは、今年の4月〜6月とだいぶ前のこと。ところが、集まった保険請求の数は膨大で、未だに状態の点検にすら到っていない家がいくつも残っていました。被害宅は、屋根に穴が空いたまま、何か月も過ごすことを余儀なくされてきました。

今回オールステートが使ったのは、「EagleView Technology Corporation」と「Kespry」2社のドローンです。2社が提供する、撮影した画像を3Dにビジュアル化するソフトウェアを使うことで、審査のプロセスが大幅に効率化されたそう。

この方法は、点検作業の短縮化と効率化というだけでなく、調査員が高い屋根に上らずに済むという安全性という意味での価値もあります。

今回の試験運用を経て、オールステート保険は、今後数か月の間にドローンを使ったオペレーションを確立していくとのことです。

via. The Next Web

----------[AD]----------