GMICのピッチ・コンペティション「G-Startup Worldwide」で、イスラエル発のソーシャルメディアを使った商品レビューサービス「Feelter」が優勝

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.10.25

gsww-winners

GMIC(Global Mobile Internet Conference)は、中国・北京を本拠とする、アジア最大規模のテック・カンファレンスだ。その全容については何度か取り上げているが、世界各国から集まったスタートアップがしのぎを削るピッチ・コンペティション「G-Startup」は、GMIC の中でも一番の人気コンテンツである。

今年の G-Startup からは趣向を変え、テルアビブ・北京・東京・サンパウロなどで開催された各地域予選選出のスタートアップをシリコンバレーに集め、10月上旬に世界本戦を開催。イスラエル・テルアビブを拠点とする「Feelter」が優勝した。Feelter は、3日間の Google 本社でのブートキャンプに参加できるほか、GMIC が持つファンドから、最大で25万ドルの投資を受けられる権利を与えられた。

Feelter は、Eコマース向けにソーシャルメディアを活用して商品のレビュー評価をウィジェット形式で提供するサービスだ。スポンサーの影響を受けない、真のユーザの意見をソーシャルメディア上の投稿から収集、レーティングを行ない評価を数値で表示する。Eコマースサイトを訪れたユーザは、商品横に表示されたウィジェットにマウスオーバーするだけで、商品購入者がどのような評価をしているか、簡単に流し読みすることができる。

2位の座に着いたのは、G-Startups サンパウロ予選から選出された「Easy Carros」で、アプリを使って修理やメンテナンス業者を探すことができる。Easy Carros には GMIC が持つファンドから最大で12万ドルの投資を受けられる権利が与えられた。また、あわせて開催された G-Startups シリコンバレー予選からは、1位にゲームの要素を取り入れた求人プラットフォーム「Scoutable」、2位に直販型のベビーウェアブランド「MORI」、3位に超音波と人工知能を使った乳がんモニタリングソリューション「iSono Health」が選ばれ、それぞれ5万ドル、3万ドル、2万ドルまでの投資を GMIC のファンドから受けられることになる。

8月末に実施された G-Startup 東京予選 からは、この東京予選で優勝したアメリカの「Pulzze Systems」が G-Startup 世界本戦に出場した。政府機関や企業などでも、IoT を作ったり、IoT のインフラを作る動きが加速しているが、IoT と作るにはコーディングの知識、あるいは、仮にフルスクラッチでコーディングしなくてもミドルウェアの知識が必要になる。

Pulzze Interactor は、インターネットにおけるルーターのように機能し、コーディングをしなくても設定をするだけで、デバイスのベンダーやプロトコルに依存せず、IoT を開発することができる。IoT の開発者は、Pulzze Interactor の導入により、IoT のラピッドプロトライピングが可能になる。Pulzze Systems は、G-Startup 東京予選での優勝により、最大5万ドルの投資を GMIC のファンドから受けられる権利を獲得している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------