Verizon、Yahoo買収にあたり10億ドルの値下げを要求か【報道】

SHARE:
marissa-mayer
Yahoo CEO Marissa Mayer
CC BY-NC 2.0: Via Flick by Joao-Pierre Ruth.

Verizon は、Yahoo を48億ドルで買収するとは明らかにしていなかったのかもしれないが、Yahoo について悪いニュースが飛び交う中、Verizon は買収金額を10億ドル安くするよう迫っているとの報道がなされている。

New York Post によれば、Yahoo 傘下に入る予定の Verizon の子会社を経営する、AOL の CEO Tim Armstrong 氏が逃げ腰になっているという。情報筋が New York Times に語ったところでは、彼は情報開示が少ないことに憤慨しており、この買収から下りるか、もしくは、価格を下げるべきと言っているという。

Yahoo は現在2つのスキャンダルに巻き込まれており、その一つは、5億件ものアカウントに不正にアクセスしたというハッカーの問題だ。アメリカ連邦議会の複数の議員は証券取引委員会(SEC)に対し、今回のハッキング事件に関連し、Yahoo の情報開示への捜査を要求している。もう一つの問題は、顧客のメールを秘密裏にスキャンしたいとする、アメリカの複数の情報収集当局の求めに Yahoo が応じていた、という問題だ。これは特に、Snowden 氏による暴露事件以降数年が顕著だったとされる。

AT&T、Yellow Pages の親会社 YP、TimeDaily Mail、プライベートエクイティ会社の TPG、住宅ローン大手 Quicken Loans の創業者 Dan Gilbert 氏がリードする投資家グループなど、Yahoo の買い手には複数の名前の憶測を呼んだが、その数ヶ月後の7月、Verison が買収を発表した。今回の買収により、Yahoo が CEO Marissa Mayer 氏のもと、黒字化を目指して取り組み続けた「長期に及んだ戦略的計画」にも、終止符が打たれることになる。

情報筋が New York Post に対して語ったところでは、Yahoo からは「取引は取引」であって条件を変更すべき法的根拠は無いとして、反対の意思が示されているという。

しかしながら、Yahoo から突如として降って湧いた問題を考えれば、Verizon が買収に対してやや物怖じし、より気分のいいものにすべく何かしようと考えるのも理解できる。しかし、Verizon が買い物を安く済ませられる状況が起きている、とも言える。

この件について、Verizon と Yahoo にコメントを求めており、回答があり次第、本稿を更新する。

アメリカ太平洋標準時9月6日午後4時31分更新:Yahoo はコメントを拒否した。
アメリカ太平洋標準時9月6日午後5時20分更新:Verizon もコメントを拒否した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------