THE BRIDGE

手ぶらインカムの「Bb Talkin’」から、走行履歴記録の「RIDE-1」まで〜自転車テックで賑わった、今年のサイクルモード

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


cyclemode_featuredimage

先ごろ幕張メッセで開催された「サイクルモードインターナショナル2016」では、売上を伸ばす上でニッチな市場に挑む多くのスタートアップが紹介されていた。サイクルモードは、この分野に取り組む人たち、とりわけ、健康を趣味とする人々や初心者のサイクリスト、さらには、プロのライダーやオリンピックに参加するトライアスロン選手まで、あらゆるアスリートを魅了するイベントだ。グロータックに加え(先ごろ投稿した、中小企業総合展に関する記事を参照)、他のスタートアップも参加していた。

cyclemode-cerevoCerevo は、1,000以上のブースが軒を連ねる今回のイベントに、スマートサイクルデバイスを提げての初参加だ。この位置捕捉センサーの備わったパッケージは、WiFi、GPS、さらに自転車のコンピュータとして ANT+ を用いて、プロの利用にも耐えるロードトリップの管理機能を提供する。

セレボは、以前大会に参加したサイクリストをスタッフに起用しており、東京を拠点とするネットワーク家電メーカーとして、9つの軸の商品で市場を拡大することを目指している。

<関連記事>

無線を使った事例としては、スクーターやペダルバイクに特化した東京の商社ジェイアールエスが、静岡のスタートアップであるオンズカンパニーが開発したスポーツ用コミュニケーションシステムを展示していた。

cyclemode-jrsBB Talkin’」と名付けられた、この Bluetooth を使ったインターフォンは、もともとはウィンタースポーツやウォータースポーツが好きな人に向けて開発されたものだ。しかし、最近では、カジュアルなサイクリストが加わりつつあるモータサイクルライダーやハンググライダーにも利用範囲が広がっている。

興味深い展示をしていたのは、2015年のサイクルモード初回からブース出展し、その規模を拡大し続ける韓国の WIAWIS だ。ナノカーボン自転車に特化しており、特筆すべきは、アーチェリー選手用に弓を作っている弓メーカーによって生産されている点だ。

オリンピックで使われる弓は、ほとんどがカーボン材料を使って作られているため、同社は自転車生産の市場に参入することを決めた。アーチェリーとは違い、自転車はいくつかの複数のオリンピック種目で使われているからだ。

cyclemode-bbtalking

今回のサイクルモードは、日本臨床スポーツ医学会の年例会の隣のホールで開催された。ここからわかるのは、情報技術から材料技術まで精査されている新技術だけでなく、スポーツサイエンスやスポーツ医療も2020年のオリンピックに向けた注目分野であることを物語っている。優れた技術をもとにしたイノベイティブな応用事例を通じて、この業界に参入するスタートアップはさらに増えることが予想される。

cyclemode-wiawis

----------[AD]----------

FacebookがMessenger上で遊べる「Instant Games」を計画中——HTML5ゲームデベロッパへの高まる期待感

本稿は、パリと東京を拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。英語によるオリジナル原稿は、THE BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿) This guest post is authored by Paris- / Tokyo-based venture capitalist Mark Bivens. The …

mark-bivens_portrait本稿は、パリと東京を拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。英語によるオリジナル原稿は、THE BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿

This guest post is authored by Paris- / Tokyo-based venture capitalist Mark Bivens. The original English article is available here on The Bridge English edition.


html5-games-for-fb-messenger

購読型メディアサービスの「The Information」は先週金曜日、Facebook Messenger がプラットフォーム上に HTML5 ゲームを導入し、チャットフィード上でインスタントゲームが楽しめるように計画しているらしいとの記事を掲載した。

この報道が正しいとすれば、私はこの開発が、多くの理由で極めて興味深いと考えている。

第一に、これはゲームにおける HTML5 の終焉の噂だけが誇張されてきたことの、さらなる確認となるだろう(私は、ここここでその理由について、長らくにわたって言及してきた)。

第二に、この機能は間違いなくエンゲージメントを加速させ、消費者が Facebook Messenger のプラットフォーム上で時間を費やす割合を伸ばすことになるだろう。Instagram、Oculus、Facebook 自体もまとめれば、Facebook はいったい週に何時間をユーザから Messenger を通じて捕捉することになるだろうか。

さらに言えば、マネタイゼーションできる機会が増大することになるだろう。Facebook は、ユーザ習慣についてより深い情報を集めることで、広告のターゲティング・プロファイルを充実させることができるようになる。Facebook は、ゲーム内課金や「ねこあつめ」のような HTML5 を使ったプレイアブル広告から、多くの売上を稼ぎ出せるようになるだろう。Instant Games は、Facebook 版アプリストアへの新たな入り口になるだろうか?

最後に、Facebook Messenger がメッセージアプリとして上位に入っていないいくつかの市場において、Instant Games が Messenger の位置付けを強化できるのではないかと考えている。私は、Facebook Messenger が中国の WeChat(微信) を失脚させるとは思っていないが、Kakao の韓国、LINE が人気の日本・台湾・タイがこの流れに参戦してくるかもしれない。私は、Facebook の Messenger 担当チームがどのようにゲームを選ぶか、例えば、市場のニーズに応じたゲーム選定を行うのか、あるいは、アメリカ集約型のコンテンツ戦略をとるのかについて興味津々だ。

----------[AD]----------

ロシア発、超音波を使った屋内ナビ技術を開発するMarvelmind Roboticsが優勝〜SLUSH上海のピッチコンペティションから

SHARE:

本稿は、2016年10月に上海で開催された、SLUSH Shanghai 2016 の取材の一部である。 一流のスピーカー、起業家、そして投資家らを招き、フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント Slush が上海で初めて開催され、昨日(10月31日)幕を下ろした。メインステージで非常に興味深いトークが繰り広げられた他、地元上海や世界中のスタートアップコミュニティから結集した著名な審査…

img_4260-1440x1080

本稿は、2016年10月に上海で開催された、SLUSH Shanghai 2016 の取材の一部である。

一流のスピーカー、起業家、そして投資家らを招き、フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント Slush が上海で初めて開催され、昨日(10月31日)幕を下ろした。メインステージで非常に興味深いトークが繰り広げられた他、地元上海や世界中のスタートアップコミュニティから結集した著名な審査員らや観客を前に、e コマース、VR/AR、ビッグデータ、教育、ヘルスケア、エンタープライズサービスといった分野で活躍する優秀なスタートアップ企業50社が登場した。各企業ともピッチしたり質問に回答したりしたが、最終的に勝利を手に入れた企業は1社だけである。

ピッチオフで最優秀賞を獲得した Marvelmind Robotics は、500万人民元の資金と ZJ Ventures Studio のスペースを無償で使用する権利を獲得し、さらに今月末ヘルシンキで開催される Slush 100ピッチングコンテストに旅費付きで招待された。Slush のピッチングコンテストでは、最優秀賞の他、広範におよぶ将来有望なタイトルが多数授与された。イベントで入賞を果たしたトップ5社をすべて以下に紹介しよう。

Marvelmind Robotics

ロシアのスタートアップ企業である Marvelmind Robotics は、誤差約2cm という高精度にて、自律型ロボット、ヘリコプター、バーチャルリアリティで採用可能な屋内ナビゲーションテクノロジーの開発を行っている。超音波を用いて距離を正確に測定し、トランスデューサーによるデータ同期には周波数433MHz が使用されている。

Marvelmind Robotics の代表者である Maxim Tretyakov 氏は言う。

もちろん市場には UWB、Bluetooth ビーコン、磁力計、WiFi RSSi など、他の屋内ナビゲーションシステムもたくさん出回っています。ですがそれぞれ、たいていは精度、価格、サイズのいずれかの面で制約があります。こういった要素のバランスをうまくとりつつ、最適なソリューションの開発を目指しています。

商品価格はビーコン1台あたり59米ドルからとなっており、現在世界30ヶ国以上で販売されている。最優秀賞を獲得した Marvelmind Robotics は今後、トランスデューサーのデザイン改善に取り組み、認可を得て主要取引先や投資家を探し求める。

Laiye

WeChat(微信)ベースのバトラーサービスである Laiye は、ユーザをアプリの果てしないダウンロード地獄から解放しようというものである。Laiye の WeChat アカウントをフォローすると、AI ロボットや現実の人間がユーザの意のままにスマートカレンダー、自動車による送迎サービス、コーヒー配達、用事、掃除など、30を超えるサービスを提供してくれる。

同サービスは利用すればするほどユーザに対する理解を深めるため、Laiye はユーザの好き嫌い、習慣、予算に応じて提案を行ったりソリューションを提供したりすることが可能である。

収益は提携サービスプロバイダーからの手数料、ユーザが利用する有料プログラム、そして企業が導入したライセンス料と、3つのルートで得られる。

昨年7月のローンチ以来、Y-combinator と Microsoft Accelerator の支援を受けてきた同社のユーザ数は、現在では150万人を超えるまでになった。同プラットフォームで人気トップ3のサービスは、スマートカレンダー、配車サービス、コーヒー配達で、全注文の75%から80%を占める。

NextVPU

NextVPU は、すべてのロボット、無人航空機、無人地上車両、その他スマートデバイス向けに視覚能力を開発する人工知能およびコンピュータビジョン分野のスタートアップである。

同社初の製品 AngelEye は、視覚障害者向けのスマートメガネである。このメガネは、着用している人に現在地、進行方向、次の交差点名、次の交差点までの距離、周辺の観光地を知らせてくれる。また、現金、色、信号、横断歩道、階段、ドア、出口、文字、顔など日常的に関わりのある対象を認識し、ボイスメッセージでユーザに情報を伝えてくれる。

現在 AngelEye は社内試験の段階にあり、来年世界的に2万個のメガネを出荷する予定である。

Sunnatech

「健康にナノを」をビジョンに掲げる Sunnatech は、ナノファイバー素材を扱う中国のスタートアップである。同社は数千億人民元に達する中国の心臓外科市場で利用されるナノファイバー微小口径人工血管を開発した。ナノファイバーテクノロジーとバイオマテリアルを組み合わせた同製品は、自己回復機能と抗凝固機能によってより優れたパフォーマンスを発揮し、長時間体内に残すことを可能にしている。現在医療認可を待っている段階にあり、4年から5年後に市場に出回る予定である。

同テクノロジーは、深刻な大気汚染に悩まされる中国人向けに開発された3D マスクでも採用されている。同社設立者はこう語った。

同程度のろ過性能を実現した場合、Sunnatech のマスクは市場の他の製品と比較すると最も圧力損失が低いため、着用している人はより楽に呼吸ができます。

LAKKA Technologies

LAKKA Technologies は薄膜センサーのメーカーである。手首の径脈の小さな振動を検知できる同社のモジュールは、手首から心拍数を検出するのに利用できる。同製品は精度が高く、心臓の収縮期と拡張期の脈拍を検知することが可能なため、ユーザは運動時や休憩時の心臓の動きに関する貴重なデータを収集できる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

L’Oréalが美容師を対象にVRヘアメイク教育をローンチ

SHARE:

美容師は新しいテクノロジーを早期に取り入れるアーリーアダプターとは言い難いが、今回 L’Oréal が8i やヘアケアブランドの Matrix と提携し、美容師をターゲットとした VR ヘアメイク教育プログラムをローンチした。 この取り組みは VR の対象が単に消費者だけではないことを示しているが、Digi-Capital によれば、VR 市場は2020年までに300億米ドル規模になると見込まれて…

Above: L'Oreal taps 8i for VR imagery Image Credit: L'oreal
(上)L’OrealはVR映像技術に8iを選んだ.
Image Credit: L’oreal

美容師は新しいテクノロジーを早期に取り入れるアーリーアダプターとは言い難いが、今回 L’Oréal が8i やヘアケアブランドの Matrix と提携し、美容師をターゲットとした VR ヘアメイク教育プログラムをローンチした。

この取り組みは VR の対象が単に消費者だけではないことを示しているが、Digi-Capital によれば、VR 市場は2020年までに300億米ドル規模になると見込まれている。そのためには B2B や教育関連アプリが躍進する必要があるだろう。今回のプログラムにより、VR アプリを使えばコストのかかる移動を伴った研修や勉強会を回避できると L’Oréal は期待を寄せている。

L’Oréal は特定の経営課題を解決できる新技術を常に試しており、ビジュアルと地域社会で運営される美容業界に VR が絶大な影響を与えることができると初期の段階で認識したという。

8i とのパートナーシップを通じて、同社は美容師を対象とした系列の研修プログラム Matrix Academy の一環として VR 教育を提供する予定だ。アメリカには現在 Matrix Academy が30ヶ所あり、同プログラムは2017年に拡大を計画しているという。この VR プログラムによって、美容師がさまざまな研修や勉強会のために国内や世界中をあちこち回る必要はなく、最新のヘアテクニックを学ぶことができるだろう。

美容師を対象とした初期のベータテストでは圧倒的に好意的な評価を得ている。L’Oréal は過去に美容市場で AR を使った実験を行ったことがある。2014年、同社はリアルタイムでバーチャルな「鏡」となるメイクアップアプリの Makeup Genius をローンチしている。

YouTube や Instagram でビューティー動画を投稿する人が増えているが、こうした動画が私たちのヘアアレンジやメイクにいかに影響力があるのかを示しており、また、グローバルな美容コミュニティの親交を深める効果ももたらしている。美容業界がハウツー動画分野の火付け役となり、このパートナーシップはヘアサロン美容師たちが没入型 VR 体験に踏み込めるさらに大きな一歩となるだろう。

L’Oréal と提携した8i と L’Oréal のプロフェッショナルブランドである Matrix は、フォトリアリスティックなホログラムの特徴を持つ没入型ルームスケール・ボリュメトリック VR 体験を開発している。ルームスケール・ボリュメトリック VR 体験は360度動画とは異なり、視聴者は完全に自由に動くことができ、その部屋の中で自分の存在を感じることができる。8i のホログラフィック動画技術は、VR や AR の視聴者にとって実際に同じ空間にいると感じるほど本物に見えるような人の3D フォトリアリスティック記録を作り出すことを狙いとしている。

人間を3次元再構築する中で、毛髪は正しく認識するのに最も能力が試される部位である。8i の技術は(毛髪や顔、指、目、動作のような)精巧な人間の部位を再構築するために最適化されている。人を記録しホログラムを作り出すため、8i は市販のカメラと独自に全自動化された動画ベースのソフトウェアを使用している。

このボリュメトリック VR 体験では Matrix の研修プログラムをどの角度からでも視聴できる。スタイリストの身体(ホログラム)までチェックでき、スタイリストがモデルの髪をどうやってスタイリングするかを自分の視点から見ることができる。プログラム終了時にはスタイリングしたモデルの「ビフォー」および「アフター」ホログラムが並んで表示される。

Matrix によると、2017年にはアメリカにある25の Matrix Academy でこれらの授業を世界規模に展開すべく試験的に開始する予定だという。狙いは、毎年 Matrix が教育する無数のスタイリストにとって専門的な美容師の研修を身近で手頃なものにすることである。2015年、Matrix は世界で200万人以上の美容師を養成した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

日本にも上陸したアジアのデートアプリ「Paktor」、3,250万米ドルを調達し〝ソーシャルエンターテインメント〟への道を探る

SHARE:

シンガポールのソーシャル・出会い系アプリのスタートアップ Paktor は資金調達を続けている。本日(記事執筆日:11/1)同社は、最新の資金調達で3,250万米ドル相当を獲得したことを発表した。 (更新:Paktor の CEO で共同設立者、Joseph Phua 氏のコメントを追加した。) 今回の資金調達ラウンドは、アメリカとアジアを結び付けている VC 企業 K2 Global とインドネ…

paktor_featuredimage
Photo credit: Paktor.

シンガポールのソーシャル・出会い系アプリのスタートアップ Paktor は資金調達を続けている。本日(記事執筆日:11/1)同社は、最新の資金調達で3,250万米ドル相当を獲得したことを発表した。

(更新:Paktor の CEO で共同設立者、Joseph Phua 氏のコメントを追加した。)

今回の資金調達ラウンドは、アメリカとアジアを結び付けている VC 企業 K2 Global とインドネシアの MNC Media Group がリードしている。MNC は3月から7月にかけての2つのラウンドで Paktor に資金を注入しており、今回再度の投資となる。その他、Vertex Ventures のような既存および新規のVCも参加している。

CEO で共同設立者の Joseph Phua 氏は Tech in Asia に対して、今回の資金調達は今年同社が行った3回目のラウンドであることを認めた。

今年 Joseph 氏が実際に多くの時間を費やしたのは、資金調達と同社を成長させる方法についてだった。同社にとって良かったのは、Paktor が資金の出所を心配する必要がなかったことだ。7月のラウンド以降まもなく、同社のキャッシュフローはポジティブになっている。Joseph によれば、同社は2015年の7月に調達した資金さえまだ使い切らずにいるという。

Paktor の登録ユーザ数は2,000万人を突破したところだが、そのうちのどれだけがサービスを常時利用しているかは定かでない。2015年の終わりにサブスクリプション制(会費制)サービスを導入し、それにより前年比で22倍の売上成長を達成し、同社は黒字化している。

当社がマネタイズを始めると、景色がばら色に見えてきました。お金が入ってくるようになり、資金が底をつくことを心配しなくてよくなったのは素晴らしい気分でした。(Joseph 氏)

ソーシャルへと

Paktor は今回調達した資金を「ソーシャルエンターテインメント分野」へのビジネス拡張に活用するという。資金の心配をせずに済むことで、チームは一歩引いた視点から現在のマーケットがどうなっているか、どこに向かおうとしているかを見通すことができている。

オンライン出会い系の業界では、中国サイト Baihe による Jiauyan 買収といった統合もあり、また大手 Tinder がユーザベースの拡大に苦しんでもいる

ソーシャル業界では大きな地殻変動が起きており、対応した動きを起こさなければ、変化に巻き込まれることになるでしょう。(Joseph 氏)

同社は2015年中盤のラウンド以降、ただの出会い系アプリにとどまらないという方向性について、とても雄弁に語っている。当時 Joseph 氏は、筆者らにこのように語っていた。

気づいたことは、人は生活のさまざまなシーンで他の人と出会っているということです。

仕事中だったり、友人と出かけて飲んでいるときだったり、あるアクティビティで友人が別の新しい友人を連れてきたり。大きな目で見れば、生活のあらゆるところで新しい人と出会うことが可能で、私たちがやろうとしているのは一つのプラットフォームでそのような多くのシーンを提供し、需要を満たすことです。

同社は試したいアイデアをいくつか持っているようだが、現時点で詳細はそれほど明らかにされていない。Joseph 氏は同社が見据えているトレンドの概要を教えてくれた。

Instagram や Snap Stories、モバイルライブストリーミングやユーザ生成コンテンツ、セミプロフェッショナルによるコンテンツといったエンターテインメントの形はみな、人々を違った形で結び付けています。

私たちは、これらさまざまな手段のコミュニケーションを一つのプラットフォームにまとめ、当社技術によりそれをユーザに使ってもらいたいのです。

The Paktor team. Photo credit: Paktor.
Paktorチーム.Photo credit: Paktor.

同社は現在これら多くの機能を実装しているところで、ビジネスを軌道に乗せ、ユーザベースの拡大を狙っている(同社はアジア7ヶ国にオフィスを構えている)。それにより新しいアイデアを実験する余裕ができることになる。

Paktor が出会い系だけのイメージを払拭することは容易ではないだろう。そもそも同社の名前が、福建地方の方言で「出会い(デート)」を意味しているのだ。Joseph 氏は次のように認めている。

社名の意味が通じない国においても、当社のブランドイメージは出会い系に結びついています。これが私たちの計画の足かせになる可能性はあります。

同社は、優良顧客プログラムの Paktor Rewards、ユーザが興味のあることについてランダムな質問に答えるとクレジット(ポイント)がもらえる Paktor Questions、サービス上でバーチャルギフトを手早く送れる One-Touch Gifts など、多くの付加機能をローンチしている。そしてこれらのサービスがユーザプロファイルの評価やマッチングを改善しているとしている。

Paktor は、今回のラウンドを含め公開されている外部資金により総額5,750万米ドルを獲得している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

職種ごとに望ましいキャリアパスを提示?!LinkedInの給与計算ツールをリリース

SHARE:

<ピックアップ> Meet LinkedIn’s new salary calculator 11月頭、プロフェッショナルネットワーク LinkedInが新たに給与計算ツール「LinkedIn Salary」をリリースした。過去数ヶ月に及んで収集された、100万人以上のユーザによる報酬や給付体系の情報が使われている。 LinkedIn Salaryは、匿名で自分の報酬などの情報を提出し…

linkedin

<ピックアップ> Meet LinkedIn’s new salary calculator

11月頭、プロフェッショナルネットワーク LinkedInが新たに給与計算ツール「LinkedIn Salary」をリリースした。過去数ヶ月に及んで収集された、100万人以上のユーザによる報酬や給付体系の情報が使われている。

LinkedIn Salaryは、匿名で自分の報酬などの情報を提出したLinkedInユーザは誰でも閲覧することができる。専用ページで、所在地と職種を入力することで平均年収やボーナスなどの情報が提示される。プレミアム会員は、自ら情報を開示することなく利用することが可能だ。

現在、LinkedIn Salaryが使える国は、北米・カナダ・イギリスの3カ国にとどまるが、2017年には世界各国で展開していく予定とのこと。

LinkedInの”Careers”でプロダクトマネージメントディレクターを務めるDaniel Shapero氏はこう話す。

このツールの究極の目的は、プロフェッショナルによる報酬の最適化に役立つことです。目指すポジションに就くためにどんな段階が踏めるのか、どんなスキル習得が役立つのかを知ることで、給与アップや長期のポテンシャルを伸ばすことができます。

社員による勤め先の評価を透明化する「Glassdoor」ではあくまで企業が入り口だが、LinkedIn Salaryはより「キャリアパス」という視点に立って役立てることができそうだ。

例えば、こんなことがわかる。

  • マーケティングデジレクターは、MBA取得による報酬アップが最も顕著な職種のひとつ。
  • 営業職は、他の職種より優れた健康保険を受けている。
  • カリフォルニア州サクラメントの看護師は、ニューヨーク市内の看護師に比べて給与が平均50%も高い。

今後、報酬や給付体系の情報が増えていけば、目指すべきキャリア、それを実現するための戦略のようなものを指南してくれるかもしれない。

via. Forbes

 

----------[AD]----------