中国のYixia(一下科技)、シリーズEラウンドで5億米ドルを調達しソーシャル動画アプリを強化

SHARE:
Image credit: Pixabay
Image credit: Pixabay

中国のソーシャルメディア、とりわけ Weibo(微博) ではショートビデオが人気となっている。

Miaopai(秒拍)、Xiaokaxiu(小咖秀)、Yizhibo(一直播)といった動画ストリーミング、シェアリングアプリの親会社である Yixia Tech(一下科技) は最近、Weibo がリードするシリーズ E ラウンドで5億米ドルの資金を調達した。これは昨年の2億米ドルのシリーズ D ラウンドに続くもので、これにより同社の時価総額は30~50億米ドル規模となっている。

2013年にローンチされた Miaopai は Vine のようなサービスで、ユーザは10秒の動画を撮影、編集、シェアできる。Xiaokaxiu は動画ダビングアプリ、Yizhibo は Weibo 内のライブストリーミングサービスだ。

Miao Pai
Miao Pai(秒拍)

Twitter がショートビデオに対し弱気である一方、Vineなど別のプラットフォームは中国に限らず人気となっている。Instagram はライブストリーミング動画の機能の追加を発表したばかりだが、親会社の Facebook はこれまでに自社のライブストリーミング事業拡大にかなりの力を注いでいる。

Weibo は1億2,000万米ドルを投じて今回のラウンドを主導した。これで Weibo が投資した金額は総額1億9,000万米ドルになった。Miaopai の動画制作に対する1億米ドルの投資と併せ、両社の関係深化がここに現れている。

Investment in Yixia Tech (Credit : IT Juzi)
Yixia Tech(一下科技) への投資額(Credit: IT Juzi=IT桔子)

実際、Weibo は中国トップの「ソーシャルメディアプラットフォーム」になる準備が整いつつある。最近の決算発表においてユーザ数が前年比30%増加したと発表されたことからもわかるように、同社は急成長している。

ここ数年、Weibo は一連の戦略的調整過程にあり、成長にも影響がもたらされた。先週(11月第3週)烏鎮で開かれたインターネット国際カンファレンスで、Weibo の CEO である Cao Guowei(曹国偉)氏は、第2四半期でみられた成長要因がショートビデオシェアリングとリアルタイムのコンテンツ消費にあり、これらによってユーザ体験が向上したと発言している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------