「2次元の嫁」Gatebox が予約開始5日で200台を突破、300台以降は「未定」

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2016.12.22

12月14日に販売予約を開始したバーチャルホームロボット「Gatebox」の反響は想像以上のものだった。本誌でもお伝えした記事は5000件近くシェアされ、Tokyo Otaku Mode がシェアしたこの動画は今日時点で660万回も再生されている。

そして昨日、21日に開発元のウィンクルが出したリリースによれば、販売台数は予定している300台に対して、開始5日で200台に到達しているそうだ。同社代表取締役の武地実氏にユーザーからのリアクションを聞いたところ、やはり海外からの反響が大きいという。

「今回も想像以上に海外から多数のリクエストを頂いています。中でも「英語対応はいつするんですか?」「うちの国ではいつから買えますか?」という問い合わせが特に多く、グローバル対応への要望の強さを改めて実感しました」(武地氏)。

なお、このペースで進んだ場合、当然予定している300台は確実にクリアすることが予想されるが、それ以上の注文を受けるのかという問いに対しては「未定」ということだった。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------