グローバル・ブレインが200億円規模の新ファンド組成を発表——クールジャパン、JTB、三井住友銀行、住友林業、ISID、KODEN、KDDIらをLPに

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.12.9

global-brain-6th-fund-limited-partners
左から:KODEN ホールディングス 代表取締役 副社長 伊藤庸氏、三井住友銀行 執行役員ホールセール統括部長 関口栄一氏、ジェイティービー グループ本社執行役員 古野浩樹氏、グローバル・ブレイン 代表取締役 百合本安彦氏、クールジャパン機構 執行役員 杉内信夫氏、電通国際情報サービス 執行役員グローバルビジネス推進本部長 伊東洋氏、住友林業 専務執行役員 佐藤建氏

本稿は、12月9日にグローバル・ブレインが東京で開催している、Global Brain Alliance Forum 2016 の取材の一部である。

東京に拠点を置くベンチャーキャピタルであるグローバル・ブレインは9日、都内で Global Brain Alliance Forum (GBAF) を開催し、第6号ファンドの組成を発表した。LP(limited partner)には、クールジャパン機構ジェイティービー三井住友銀行住友林業(東証:1911)、電通国際情報サービス(ISID、東証:4812)、KODEN ホールディングスKDDI Open Innovation Fund のほか、大学や海外の機関投資家らが参加する。11月末のファーストクローズ時点で150億円の調達が完了しており、最終的な運用規模は200億円に達するとみられている。

グローバル・ブレインは、第5号ファンドで産業革新機構から出資を受けていたが、官民ファンドという位置づけでは、この流れをクールジャパン機構が引き継ぐ形となる。戦略的 LP と位置付けられる、クールジャパン機構、ジェイティービー、三井住友銀行とは、特にオープンイノベーションの加速においても協力する。

<関連記事>

第6号ファンドの投資対象領域は、IoT/ハードウェア、エンタープライズ・ソリューションズ、ロボティクス、EduTech、コマース、フィンテック、エンターテイメント、ヘルスケア、人工知能、メディア/コミュニケーション、ビッグデータ、アドテック、その他新トレンド。地域は、日本、シリコンバレー、韓国、イスラエル、インドなど。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------