世界で活躍する5人の女性投資家に聞いた、2017年のテックトレンド予測【ゲスト寄稿】

mark-bivens_portrait本稿は、パリと東京を拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。英語によるオリジナル原稿は、THE BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿

This guest post is authored by Paris- / Tokyo-based venture capitalist Mark Bivens. The original English article is available here on The Bridge English edition.


66418561 - 2017 trends concept - handwriting on a napkin with a cup of espresso coffee
Image credit: pixelsaway / 123RF

BREXIT の導入、フランスの選挙、トランプ氏の大統領就任、そして、カブスが世界チャンピオンとして野球シーズンの幕開けを迎えるなど今年は枚挙にいとまがなかったが、世界の将来は予測できないようには思えなかった。2017年は、今までになく崩壊が見られるようになるだろう。

そこで、この季節、VC 業界の仲間を招いて、来たる新年の予測をしてもらった。能力豊かな彼女達は私よりも賢明で、このカオスの時代に彼女達の知見を得られることを光栄に思う。

Ventech の Claire Houry 氏(フランス・パリ)

claire-houry
Claire Houry 氏
  1. 2017年は、e-tailers(オンライン販売業者)がオフラインに移行し、没入感のある環境を構築すべく新たなオフラインの世界を作り、実世界とデジタル世界を統合するだろう。マーケティングアプリの分野で拡張現実(AR)や仮想現実(VR)がブームとなり、データドリブン指標やオンライン分析はオフライン分野に参入、インテリジェントアプリ(バーチャル顧客アシスタント)は人間アシスタントの機能を持つようになるだろう。IoT があらゆる分野のプロダクトに侵食し始めるのにも準備すべきだ。
  2. 地政学的な観点からは、2017年4月に世界最大のスタートアップ・キャンパスがオープンし、フランスはテック業界で注目を集めると思う。このプロジェクトを Ventech が支援しており、フランス国外の投資先企業のフランス進出やヨーロッパ進出を支援するため、ParisPOC というプログラムをローンチする計画だ。

Balderton Capital の Anna Boffetta 氏(イギリス・ロンドン)

anna-boffetta
Anna Boffetta 氏
  1. 機械学習分野における勝者の顔ぶれは、学習のために最大のデータセットを集められるプレーヤーから、少ないデータポイントでも機能する学習メソッドを開発できるプレーヤーへと移行していくだろう。過去数年間にわたって、我々は自動化、最適化、予測など目的特化型の人工知能(Artificial Narrow Intelligence)の分野で大きな進化を成し遂げたが、コンピュータの能力向上により、来年からは、コンピュータが人間により近い知能を持てるようになる、汎用人工知能(Artificial General Intelligence)に向けた開発が始まるだろう。
  2. 2017年には、新しいインターフェイスの隆盛がある。現在の人間とコンピュータの対話はディスプレイと視覚化に支配されているが、特にモバイルでは、音声、オーディオ、メッセージングなどの新しいインターフェイスが日常生活へと浸透を始めるだろう。より多くのデータが集められ、会話型インターフェイスで結果を人に伝えられるマシンによって、それらのデータが整理され、分析されるようになる。

Fresco Capital の Allison Baum 氏(日本・東京)

allison-baum
Allison Baum 氏
  1. 国境を超えた M&A の増加 – アメリカのエコシステムは再編の機が熟しており、一方、アジアの多くの企業はキャッシュリッチだが、イノベーション力に乏しい。我々は投資先の企業の中に、このトレンドの兆しを既に見出だし始めている。新しいビジネスライン、テクノロジーIP(知的所有権)、アメリカへの市場参入ポイントを探す国際企業から、多くの関心を受け取っているからだ。
  2. Edtech がメインストリームに – これまでは、教育テクノロジーが誤って認知され、ニッチな市場に追いやられてきた。しかし、経済や政治の混乱を世界中で目の当たりにしていることや、技術進歩が圧倒的に速いことを考えれば(自動運転車はもう現実のものになっている)、雇用に焦点が当てられることになるだろう。テック関連、および、テックが可能にするトレーニングは、もはやあればいいものというより、個人・企業・政府・社会が健康状態を保つ上で無くてはならないものになるだろう。

以前はフィンテックアクセラレータ Level 39、現在は Token.io の Adizah Tejani 氏(ロンドン)

adizah-tejani
Adizah Tejani 氏
(Photo by Dan Taylor 氏)

過去数年にわたって、テクノロジーが実現できる物事の風景を変化させる中、金融も変化を遂げてきた。

昨年採択された PSD2(EU域内のリテール決済に関する法的枠組み「決済サービス指令」を改正する新指令)がヨーロッパ中で施行されるにつれ、API 経済が牽引する銀行プラットフォームへの動きは、2017年により明白なものになり始めるだろう。

銀行やテクノロジー企業は、この変化をナビゲートすべく、相互のコラボレーションを通じて適応を続けるだろう。

Novartis Venture Fund の Anja König 氏(スイス・バーゼル)

anja-koenig
Anja König 氏

ニューヨークヤンキースの殿堂入り名捕手 Yogi Berra 氏の言葉を引用したい。

予測は難しい。とくに将来に関してはね。

この注意を考えると、ヨーロッパの企業や学術機関がアメリカのトップタレントを雇用しやすくなるだろうと予測するような、魔法使いになる必要はない。

2017年がよい年でありますように。

----------[AD]----------