モバイルセキュリティ・スタートアップのSEWORKS、シリーズAラウンドでSoftbank Venturesなどから約8億円を調達

SHARE:
seworks_featurdimage
Image credit: SEWORKS

モバイルセキュリティ専門スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、82億5,000万ウォン規模(約8億円)のシリーズA投資を受けた。同社は2015年、Softbank Ventures、Qualcom、Qualcom Ventures からの20億ウォン(約1.8億円)を調達。シリーズ A ラウンドとしては、Samsung Ventures Investment(삼성벤처투자로부터)から30億ウォン(約2.9億円)を調達し、今年に入って、Smile Gate Investment(스마일게이트인베스트먼트)、Wonik Investment Partners(원익투자파트너스)などから追加で52.5億ウォン(約5.1億円)の資金を調達し、シリーズAラウンドをクローズした。

2013年に創業した SEWORKS は、同年 Softbank Ventures と Qualcom Ventures から20億ウォン(約1.8億円)規模のシード投資を受け、本社を韓国からシリコンバレーに移した。

SEWORKS は、今回の投資をグローバルセールスおよびマーケティング活動に使用し、市場シェアを高める計画だ。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------