Uberが人工知能の研究施設を開設、フードデリバリーから自動運転車まで各事業に展開

SHARE:

Uber_Logo_Black_Background

<ピックアップ> Uber launches its own AI lab to make food deliveries faster and self-driving cars better

Uberが、「Uber AI Labs」の立ち上げを発表した。研究施設は、同社が買収したGeometric Intelligence社の共同創業者Gary Marcus氏が監督として率いる。

2014年10月に設立されたGeometric Intelligenceは、主に少ない量のトレーニングで人工知能にオブジェクトや状況を素早く認識させるための技術開発に専念していた。Xpropと呼ばれるソフトウェアは、現在主流のディープラーニングに比べて、圧倒的に少ない例で持って視覚的タスクをこなすという。

Uber AI Labsは、フーロデリバリーの経路の最適化や自動運転者のナビゲーションなどUberの事業に幅広く取り入れられる見込みだ。

Geometric IntelligenceはUberの最新の買収。今年初めに買収した自動運転トラックを開発する「Otto」は、最近コロラド州で初となる自動輸送を完了している。

via. The Verge

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録