Alibaba(阿里巴巴)系のAnt Financial(螞蟻金融)、アメリカの国際送金サービス大手MoneyGramを8.8億ドルで買収

SHARE:

Jack Ma(馬雲)氏が持つフィンテック企業 Ant Financial(螞蟻金融)は、アメリカ拠点の送金サービス大手 MoneyGram(NASDAQ: MGI)を約8億8,000万ドルで買収した。

この買収は、これが上場しているアメリカ企業を初めて買収する Ant Financial にとって欧米市場進出への重要な一歩となる。Ant Financial は2014年 Alibaba(阿里巴巴)が上場する前にスピンオフし、アジアで最も優勢なフィンテック企業へと成長した。

2016年9月、かなり小規模な金額ではあったが、眼球スキャンによる認証技術を提供するスタートアップ EyeVerify を買収し、これが Ant Financial の初のアメリカ進出となった。

<関連記事>

Ant Financial CEO の Eric Jing(井賢棟)氏は、声明で次のように述べている。

MoneyGram の買収は、金融包摂サービスを世界中のユーザに届けるというミッションにおいて、重要なマイルストーンだ。

MoneyGram の労働力に投資を続け、アメリカで雇用を増やすことにコミットする。アメリカで MoneyGram は類を見ないカスタマーサービス、イノベーティブな製品、業界を牽引する技術、コンプライアンス・プログラムで成功してきた。

MoneyGram はテキサス州ダラスにある本社や、ブランドは現在のままで運営を続ける。MoneyGram のサービスでは、人々がデスクトップやモバイルを通じて送金することができ、請求書や為替支払を取り扱えるほか、市場によっては銀行小切手も取り扱っている。世界市場にリーチがある。

今回の買収により、MoneyGram は Ant Financial を使う6億3,000万人のユーザを取り込むことになり、取引量は著しく増加するだろう。

また、この買収の一部として、Ant Financial は MoneyGram の普通株式および優先株式のすべてを希薄化後のベースで購入し、債務の返金および借換に充てる。株主合意や規制当局の承認にもよるが、この買収は2017年後半には正式にクローズする見込みだ。

MoneyGram の株主には、一株あたり13.25ドルが支払われる予定。MoneyGram の CEO Alex Homes 氏は、買収後も現在のポジションにとどまる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------