Cisco、アプリパフォーマンス管理のAppDynamicsを上場直前に37億ドルで買収

by Jordan Novet Jordan Novet on 2017.1.26

via Flickr by “Diesmer Ponstein“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

Ciscoは本日、先月上場申請をしていたアプリケーションパフォーマンス管理(APM)ソフトウェアを37億ドルで買収したことを発表した(編集部注:原文掲載1月24日)。

発表によれば、この買収ディールはCiscoの2017年度第三四半期にクローズする予定だ。

この動きは珍しく、驚きに値するものだ。この発表前には今日、AppDynamicsは一株あたりの額を10-12ドルから12-14ドルにあげたばかりだった。AppDynamicsは株式公開で1億5600万ドルを調達することを目指していた。

Nasdaqのウェブサイトによると、AppDynamicsは1月26日にNasdaq Global Selectで取引を開始する予定だった。

Ciscoのコーポレート開発ヘッドのRob Salvagno氏はブログで次のようにコメントしている。

Ciscoの業界を牽引するネットワークアーキテクチャとともに、顧客はインフラからアプリケーションまでテクノロジーの全てにわたって、かつてないほどの徹底したインサイトを得られるようになります。このインサイトを用いれば、企業はカスタマーエクスペリエンスを向上させ、収益化の機会を促進できるようになるでしょう。AppDynamcsの買収は、予測可能な経常収益をもたらすソフトウェア中心のソリューションへと移行を目指すCiscoの戦略を後押しするものでもあります。

この買収は、データセンターのネットワークハードウェアに特化するCiscoの可能性をさらに広げるものだ。昨年、CiscoはIoT企業のJasperを14億ドルで買収している。

AppDynamicsの競合であるNew Relicは2014年に上場した。AppDynamicsはクラウドサービスと自社運用のソフトウェアによって、New Relicや既存のプレイヤーに挑戦してきた。

AppDynamicsのCEO、David Wadhwani氏は現職にとどまり、CiscoのRowan Trollope氏の直属となる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------