電通ベンチャーズ、STEM教育トイ・VRゲーム・デジタル遊園地イベントなどを開発・運営するTwo Bit Circusに出資

SHARE:
CEO の Brent Bushnell 氏(右)と、CTO Eric Gradman 氏(左)
Image credit: Two Bit Circus

電通ベンチャーズは18日、ロサンゼルスを拠点とし、STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育トイやデジタル遊園地イベントなどを手がけるエンターテインメント・スタートアップ Two Bit Circus(以下、2BC と略す)に出資したことを明らかにした。出資金額などについては明らかにされていない。2BC にとって、これは2015年10月の Techstars Ventures、Foundry Group、Intel Capital から650万ドルを調達したシリーズAラウンドに続くものだ。

2BC は2012年、コンピュータサイエンスのエキスパートで、モバイルゲーム関連のシリアルアントレプレナーである Brent Bushnell 氏(現 CEO)と、元サーカス芸人でロボット工学のエキスパートである Eric Gradman 氏(現 CTO)により設立。STEM をテーマとした子供向け教材、VR(バーチャルリアリティ)ゲーム、デジタル遊具を使った移動遊園地「STEAM Carnival」などを企画・開発・運営している。

最近では2016年後半に、Ardino を使った STEM 教育用のフクロウ型ペーパークラフト「Oomiyu」のクラウドファンディング・キャンペーンを実施したほか(このキャンペーンは資金が集まらず成功しなかったが)、Verizon Store の NFL展示やインディーズバンドのミュージックビデオの制作も手がけるなど活動分野も実に多彩だ。

今年後半には STEAM Carnival を常設化したテーマパークをロサンゼルスに開設し、最新のVR、MR(ミックスドリアリティ)や、科学技術を用いた食品や飲料、レーザーやロボット等を含む体験型エンターテイメントを提供していく予定。この施設は、B2C 自らのほか、ブランドパートナーの開発したハードウェアおよびコンテンツのショーケースとしても活用される。

今回の出資により、電通ベンチャーズは 2BC の日本を中心とするアジア向けのビジネス展開を支援するとしている。支援の具体的な方法については言及されていないが、日本企業やスタートアップが持つコンテンツや技術の STEAM Carnival への適用や、STEAM Carnival のアジアへの進出が期待される。

----------[AD]----------