音声アプリの継続利用は2週間後でわずか3%ーーAlexaなどの音声アシスタントが抱えるユーザーのリテンションという課題

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.1.24

image via. Amazon

<ピックアップ> Alexa and Google Assistant have a problem: People aren’t sticking with voice apps they try

消費が高まる昨年のホリデー期間、ヒット商品に躍り出たのは「Amazon Echo」や「Google Home」などの音声ホームアシスタントだった。2017年に出荷される同様サービスは2,450万台になる見込みで、2016年比で650万台の増加となる。

この予測を発表したのは、スタートアップ「VoiceLabs」。同社は、音声ホームアシスタント用の音声アプリを開発するデベロッパーに対して解析サービスを提供している。同社は、この市場は確実に伸びてはいくが、解決すべき大きな課題があると指摘する。

それはずばり、ユーザーのリテンションだ。現在、Alexaを使った音声アプリの数は7,000ほどで、その69%にはレビューの件数が0または1つだけ。アプリが利用されていないことが見受けられる。

また、AlexaとGoogle Assistant共に、ユーザーが音声アプリを有効にした場合でも、それを2週間も使い続けている確率は平均3%にとどまる。参考までに、iOSとAndroidアプリの平均継続率は、使用開始から一週間後でiOSが11%、Androidは13%だ。

要は、音声アプリの数は増えてはいるものの、そのほとんどが幽霊アプリだということだ。ユーザーは、これらデバイスをあくまで基礎的な「音楽を再生する」「オーディオブックを読む」「部屋の灯りをつける」といった操作のために使っており、新たな音声アプリの発見には至っていない。

今のままではエコシステムの構築は難しく、収益の目処も立たない。となれば、音声アプリを開発するデベロッパーを引き止めることも困難になる。AmazonやGoogleがリテンションの課題にどう取り組んでいくのか、注目だ。

via. Recode

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------