中国のLGBTコミュニティをつなぐ、形式結婚斡旋スタートアップiHomo

SHARE:
左から:iHomo 共同創業者 Xiaobai Ou 氏 と Yi Zhi 氏
Image credit: iHomo

ここ数年、LGBT スタートアップを多く見るようになった。たとえば Blued、Lesdo(楽Do)、The L などが挙げられるが、これらのアプリはゲイ同士やレズビアン同士のカップリングを行っている。ところが、あるスタートアップは同性愛者が抱える深刻な問題を解決するために、同性愛者の男女間のカップリングサービスを始めた。それが北京を拠点とするスタートアップ iHomo だ。iHomo は、LGBT コミュニティに属するユーザが家族からの強まるプレッシャーを回避できるように、見せかけの結婚相手を探す手伝いをしている。

<関連記事>

TechNode(動点科技)の取材に対し、iHomo の設立者でCEOを務める Xiaobai Ou 氏は、次のように語る。

中国では、結婚して子供を持つことが当然のことのように思われています。私の両親も例外ではありません。

父と母は結婚を急かすようになりました。それで、私は家族を落ち着かせるために、「形婚(形だけの結婚)」することを選びました。2012年には結婚式を開き、滞りなく終えることができました。式で私の彼女はブライズメイドを務め、メイクアップアーティストとしても参加してくれました。

結婚1年目には、お互いに相手の家に行かなければならない。その後はそう頻繁に行く必要もなくなってくる。

今では、夫は良い友人のひとりで、よく外でご飯を食べておしゃべりしています。何か問題があれば、お互いに助け合っています。(Xiaobai 氏)

このような問題に悩まされている人が他にもいるはずだと考え、Xiaobai 氏と彼女のガールフレンドの Yi Zhi 氏は iHomo というアプリを立ち上げた。このアプリの狙いは、ゲイのコミュニティとレズビアンのコミュニティをつなぎ、彼らが見せかけの結婚相手を探せるようにすることだ。

中国の伝統的な文化や家族を中心とする思想など様々な要因から、中国における LGBT コミュニティの現状が米国のそれと同じようになるにはまだしばらくかかりそうだ。

Xiaobai 氏は、形式結婚は必要とされているプロセスであって、中国における同性愛者の多くに適した選択肢だと確信している。彼女によると、ゲイコミュニティにおける形式結婚の需要は次第に高まっているという。

カミングアウトするのはとても難しいことですので、私たちはあまり多くの人に決断を迫るようなことをしてはいけません。それがかえって、LGBT コミュニティとって悪い結果となることもあるのです。いかなる選択肢も社会状況に即したものであるべきで、その中でも形式結婚は比較的穏やかなアプローチだと考えています。

左から:ユーザは、ゲイとレズビアンに分かれて表示されている。同社が両者を分析してマッチング。ユーザは自分のアップデイトを投稿できる。
Image credit: iHomo

iHomo アプリは、iOS と Android のどちらでもダウンロードが可能だ。新規のユーザは招待コードが無ければアクセスすることができない。iHomo はこれについて、ユーザのプライバシーを保護するためだとしている。同アプリはソーシャルネットワークのようなもので、特に形式結婚のカップリングに重点を置いている。

iHomo は、今後2年の開発初期段階でまずはユーザを増やすことに集中し、その後アプリの有料会員サービスの登録へとユーザを誘い込みたいと考えている。そして最終的には、形式結婚のための有料オンラインプラットフォームを提供し、契約企業には手数料を支払ってもらい、さらに形式結婚を求めるカップル同士のマッチングが成立した場合には仲介料を受け取る、というのが狙いだ。

将来的には、アクティビティ、マッチメイキング、ウェディングサービス、マタニティ、法律相談などのオンラインとオフラインの両方のサービスを組み合わせることで、事業価値を高めていきたいと思っています。プラットフォームがあるレベルに達し、中国の同性愛グループの発展がある段階まで進んだ時にはより実用的なサービス、つまり結婚サービスだけではなく、雇用、住居、年金など同性愛グループが必要とする様々なサービスを提供したいと考えています。

iHomo は2014年からこれまで資金提供を受けずに自力でやってきた。

同様のサービスを提供する企業には Chinagayles(中国形式婚姻網)Queers(彩虹佳縁)などがある。Chinagayles は40万人のユーザを抱え、これまでに5万組のマッチングが成立したという。Queers を運営する企業は、LGBT ソーシャルネットワーク GayPark(同志公園)とLesPark(拉拉公園)の運営も行っている。

北京市内で開かれた、iHomo のコミュニティイベント
Image credit: iHomo

【via Technode】 @technodechina

【原文】