CES 2017のベストガジェット、トレンド、出来事のまとめ

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2017.1.13

左から:全米民生技術協会会長の Gary Shapiro 氏、Nvidia CEO Jen-Hsun Huang 氏。CES 2017 のオープニングの基調講演で。
Image Credit: Dean Takahashi

テック業界のリーダーたちが壇上にのぼるコンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)では、多くを学ぶことができる。筆者はラスベガスの巨大な CES 会場の現場を直接取材することで、より多くの知見が今でも得られると感じている。本記事では、筆者が会場で得た知見を並べ、テクノロジーの将来を占うのに最適な手がかりとして、2017年 CES におけるトレンドを読み解いてみたい。

16万5,000人の参加者に埋もれて見るべきものを見逃すことはよくあり、また、24万平米の展示スペースをすべて見て回れる人はいない。しかし、この手の展示会に20回以上参加した筆者は、あるパターンを見つけることに慣れている。以下に挙げるのは、ショーにおいて考えさせられた、10個にわたる思い出深い出来事、ガジェット、アイデア、トレンドなどである。

AI の普及が始まる

Nvidia が人工知能カーでアウディと提携
Image credit: Dean Takahashi

アクセンチュアのマネージングディレクター John Curran 氏は、AI が今回のショーの主役となりうると予想していた。彼は正しかった。数百社がAIとクラウドを用いてより正確な音声認識を実現する2大技術、Amazon Alexa や Google Assistant の組み込みを発表し、より自然なマンマシンインターフェースの実現を目指していた。

1995年には、音声認識の誤認識率は100%、つまり正解率はゼロだったが、2013年までに誤認識が23%に改善した。そして2017年の今、人間とコンピュータの音声認識の実力は同等に達したと、全米民生技術協会(Consumer Technology Association)のアナリスト Shawn Dubravac 氏は CES の講演で述べていた。

Nvidia CEO の Jen-Hsun Huang 氏は、数十年にわたる失敗ののち、画像処理プロセッサ(GPU)を用いた AI と音声認識に優位があるとした。プログラマブル GPU が(1999年に)登場するまでは、中央演算ユニット(CPU)がスポーツカーのようなもので、多数の命令を処理することに長けていたと彼は述べている。

しかし CPU は AI の問題を処理することには向いていなかった。GPU の普及とともに、Nvidia はグラフィックスに必要なタスクを処理するため、GPU をプログラマブルな設計にした。GPU は今やトラックのようなもので、膨大な量のデータを一度に処理することができる。マシンラーニングソフトウェアの技術者はこれに着目し、ニューラルネットワークが学習するのに必要な大量のデータを処理するのに GPU を利用した。この「トラック」は、ニューラルネットワークが音声認識のようなタスクを処理する性能を改善することに大いに貢献した。

Huang 氏は少人数のプレス会見で次のように述べた。

一部は必然でした。そして一部はセレンディピティ(幸運な偶然)でした。ディープニューラルネットワークは、コンピュータに当てはめれば、ブルートフォース(総当たり攻撃)のソリューションです。シンプルで美しいですが、膨大なデータを使わなければ効果はありません。GPU とディープラーニングが出会ったのは、セレンディピティでした。

Huang 氏は小規模のプレス会見において、同社が1,500を超える AI のスタートアップと協業していると述べた。これらのスタートアップは、パワフルな GPU 技術とマシンラーニングソフトウェアを活用し、多くの種類のパターン認識タスクを多彩なアプリケーションで実行してニューラルネットワークをトレーニングすることができるので、成功の可能性が高い。問題一つごとに AI は改良を重ねていき、Nvidia のスマートShield TV セットトップボックスから自動運転車に進化していく。

音声コントロールは新しいインターフェースの決め手

Synpatics の CEO Rock Bergman 氏
Image credit: Dean Takahashi

音声コントロールの成功こそが、人間と機械のやりとりを改善する唯一の手段である。タッチスクリーンセンサーメーカー Synaptics の CEO であるRick Bergman 氏は、同社のより遠大な使命が、マンマシンインターフェースのビジョナリーとなることだと考えている。そして、安価で実用的なソリューションを求めるコンスーマの課題を解決すべく、各社が最適な技術を探求するにつれて大きな進歩が達成されると彼は予見している。

簡単なことである。たとえば、ノートPCのタッチパッドの価値を評価することだ。タッチパッドをスワイプして、カーソルを動かすことは誰でもできる。しかし、2本指で下にスワイプすることで、ページを下にスクロールすることができることを何人が知っているだろうか?タッチパッドの基本的な価値は誰もが認識しているが、すべての価値を使いこなす努力をしている人は本当に少ない。

消費者に新しいことを学んでもらうのはとても難しいことがわかりました。(Bergman 氏)

筆者は、Tobii のアイトラッキング技術を組み込んだ新型PC製品群で、視線でカーソルをコントロールしてターゲットした経験を思い出した。これはシューティングゲームで複数のゾンビにターゲットを定めるのには素晴らしい技術だ。しかし、コンピュータを使いこなすのに、手の代わりに視線を使うように習慣を変えることはとても難しい。

一方、Synaptics はタッチスクリーンを用いて指紋を検出し、ユーザを認証する新しい技術を持っている。つまり、iPhone のホームボタンを押す代わりにタッチスクリーンの任意の場所を押すことで、スマートフォンでユーザ認証が可能になる。この技術があれば、Appleはホームボタンをなくすことが可能になり、私たちはスマートフォンをこれまでとは少し違った方法で使いこなすことができるだろう。

非テック企業が技術を大衆化する

Carnival のウエアラブルデバイス「Ocean Medallion」を装着すると、クルーズ船での乗客体験を特別なものにしてくれる
Image Credit: Carnival

AIはだれにでも使えるツールであり、それが CES に非テック企業が参加していた一つの理由である。自動車会社が最初の参加者だった。家電メーカーは勢い込んでIoT製品を披露している。そして今回、世界最大のクルーズ船企業 Carnival のCEO、Arnold Donald 氏がキーノートスピーチを行った。

Donald 氏はウェアラブルデバイス「Ocean Medallion」を CES で披露し、客室ドアの解錠、船上での買い物の支払い、子供の見守りといったあらゆることに使えるプラットフォームだとした。Doland 氏はテック企業出身ではないが、CES での彼の存在感は、テクノロジーがあらゆるビジネスに浸透しているかを示していた。テック企業が基礎を築き上げれば、あとはそれが主流となり、何十億人もの消費者の生活を変えるために用いられるかどうかは非テック企業にかかっている、と CTA の CEO であるGary Shapiro 氏は VentureBeat のインタビューで語っている。

(任意の形容詞をつけられる)IoT

「Samsung Family Hub 2.0」は、どこにでも置けるスマートな冷蔵庫
Image Credit: Dean Takahashi

IoT はもはや避けがたいトレンドで、企業はプロセッサ、センサー、コネクティビティ技術を活用し、日用品をよりスマートに使いやすくしていくしかないと、筆者は考えるようになった。しかし、すべてのものが使いやすくなるというわけではない。Samsung や LG が新型の洗濯乾燥機を紹介したのをみて、これらのコネクテッド家電が、洗濯が終わった時や洗剤を追加すべき時に知らせてくれるという機能をとても気に入った。

しかし筆者はまた、これらの機器を当分の間は買わないだろうとも思っている。今の現実は、これが高価な IoT だからだ。企業がこれらの製品に価格プレミアムをつけるのは仕方ないとしても、何百ドルもの追加コストを払うことはないだろう。5ドルのペット用のボウルに対して200ドルもしているようであれば、スマートペット給餌器がほしいとは思わない。

IoT ベンダーが解決しようとしている多くのことにおいて、消費者の意識との乖離があるだろうことは想像に難くない。「ハッキングの恐れのある IoT」や「ばかばかしい IoT」は必要とされていない。

チップの競争は2017年も続いていく

2017年の第1四半期には、AMD の「Ryzen」がデスクトップ向けにデビュー
Image Credit: AMD

チップの競争力を高めるには、より進化した製造プロセス(それにより、チップを小さく、早く、安くできる)か、より進化したアーキテクチャ(それによりチップは一度に多くの処理を効率よく行える)が必要である。この2つのルールは覚えておくと便利で、ある企業が上記のいずれかについて語ったり、語らなかったりすることには大きな意味がある。

Advanced Micro Devices(AMD)CEO の Lisa Su 氏は、CPU と GPU 両方で新アーキテクチャをローンチする2017年は、同社にとって競争を制する貴重な機会だと考えている。Nvidia は自社を AI 企業に変革している最中であり、自動運転車向けプロセッサなどの新たな戦場で、Intel に対する優位を保つことに腐心している。そんな中で、Nvidia がグラフィックスチップ市場に目を向けるだろうか? この市場では Nvidia は AMD と競合しており、AMD は CES で Vega グラフィックスアーキテクチャを公開している。

Vega ベースの GPU は数ヶ月以内に発売されるが、Nvidia の Huang 氏は、新チップや昨年の Pascal アーキテクチャの次の一手について、CES の基調講演では触れなかった。Huang 氏は Nvidia の競争力は依然有意にあると考えているようだが、Su 氏はAMD が GPU 市場のシェアを取り返すチャンスがあると考えている。

そして、AMD の電力効率に優れた新たな Zen アーキテクチャに基づいた Ryzen プロセッサは、第1四半期にローンチされるとした。Intel は Kaby Lake プロセッサをCESで公開したが、これは昨年の Silver Lake プロセッサに対して若干速いだけである。Intel の CEO の Brian Krzanich 氏は、プレスイベントで新アーキテクチャについて何も触れなかった。そして彼は、Intel が10nm製造プロセスを2017年末までに導入すると述べている。これは遅い。Qualcomm は CES において、同社と契約する製造パートナー(Samsungとみられる)がすでに10nmプロセスの Snapdragon 835 プロセッサの製造を始めていると述べている。

これが意味するのは、モバイルプロセッサ製造会社が、もしかしたら初めて Intel に先行して新製造プロセスにスイッチするかもしれないということだ。その結果は? Intel が今年、AMD に対してプロセスで先行して優位に立つことができないということになる。Su 氏と同社社員は、CES のディナーにおいて、このまたとない機会への希望を語っていたが、筆者はこれはありうると思う。そして全体を通して、CPU と GPU の市場は2017年はより激しい競争になるということだ。

VR は CES の主役に

Intel CEO の Brian Krzanich 氏が「Project Alloy」を披露
Image Credit: Dean Takahashi

昨年は、HTC や Facebook が買収した Oculus のようなベンダーが VR を先導していた。今年はVR技術が主流となった。3,800を超える CES 出展者の中で、70の VRベ ンダーがショーに参加していた。多くはヘッドセットを展示し、また多くが360度カメラも展示していた。Giroptic は iPhone のカメラを VR カメラに変換することができる超小型の360度カメラを製作した。

出展者には、Samsung、Sony、Haier、Qualcomm などの大手とその他多数の企業があった。しかし、VR が最大のお墨付きを得たのは、Intel の Krzanich 氏が CES プレス向け基調講演をVRで行った時だったろう。

世界最大のチップメーカーである Intel の CEO は、260を超えるVRヘッドセットとノートPCを用意し、プレスに VR 旅行を体験させ(パラシュートジャンプやベトナムの滝を訪問したり)、NCAA の試合をライブ体験させたりした。

VR にはまだやるべきことが多い。Krzanich 氏は Project Alloy を披露し、PCとの接続をなくしてすべての演算処理をスタンドアロンのVRヘッドセットに集約し、ユーザの動きを妨げるワイヤーをなくしたのを紹介した時にそう認めた。Project Alloy は開発中で、2017年の第4四半期に発売されるとみられている。つまり、現在のヘッドセットは、マスマーケットに向けての通過点に過ぎないということだ。

すなわち、70社のうち多数が生き残れないということになる。それは悪いこととは限らない。1990年代に、70社のグラフィックスチップ企業があったことを思い出す。最終的に生き残ったのは、Intel、AMD、Nvidia である。しかし、だからといってグラフィックスチップが悪い発想だったわけではない。それは全く違う。ダーウィンの進化論的なこの流れは、最良のコンスーマプロダクトが残るための過程である。VR はまだその道半ばであり、CES では多くの参加者がその先の道も続くと考えたことだろう。

控えめな謝罪は、道半ば

CES 2017 で登壇した Samsung の Tim Baxter 氏
Image Credit: Dean Takahashi

Samsung 北米法人社長の Tim Baxter 氏は、バッテリに爆発や発火の危険性があった同社 Galaxy Note 7 の惨状について、直接の謝罪はしなかった。しかし、同社の CES プレスイベントの冒頭で、Baxter 氏は部屋の中の象を示した。

昨年は Samsung にとって厳しい年でした。多くの方が、Note 7 がメディアに取り上げられたのを目にしたでしょう。当社はサードパーティとの協業を続け、何が起きたのかを突き止め、再発防止を確実にしなければなりません。近日中に Note 7 の問題の根本原因を公表します。私たちはイノベーションを止めたわけでもなく、将来も止めることは絶対にありません。

私たちは反省しており、皆さんの声を聞いています。

それは謝罪のしすぎでもなく、足りないわけでもなかった。筆者はその率直さを評価し、問題が収まった時には、この事故がテック企業すべてにとっての学びとなるだろうと思う。

イノベーションはすぐそばに隠れている

Changhong のスマートフォン「H2」は、甘いリンゴ、偽物のバイアグラを見極めることができる
Image Credit: Dean Takahashi

CES を注意深く見て回りたくさん歩いて回れば、隠れた宝石を見つけることができる。イノベーションとはそういうものであり、予想もしないところで見つかるものだ。

筆者は中国エレクトロニクス大手で、多くの後追い製品を販売している Changhong(長虹)のブースを訪問した。しかしその一角で、他のどこにもないものを発見した。Consumer Physics のSCiO センサーを組み込んだH2スマートフォンである。このセンサーはどんなものでもスキャンし、その構成分子を検出することができる。

SCiO は H2 スマートフォンを用いて、2つのリンゴのうちどちらがより甘いかを検出してみせた。また、2つの錠剤のうちどちらが本物のバイアグラで、どちらが偽物かを判別した。Diet Sensor は、H2(および付属の重量センサー)で、今から食べるものが何カロリーなのかを表示した。この新しいセンサーとアプリは、Changhong、Consumer Physics、Analog Devices、Diet Sensor 各社によって世に出るものだが、ほとんど無限の応用可能性を秘めている。

Shapiro 氏は、フランスの Aryballe Technologies による匂い検出デバイスに感銘を受けたと述べている。NeOse はポータブルの匂い検出器で、光技術で匂いを判別し、それが危険かそうでないかを検出できる。

これらのセンサーは、最も面白い技術が必ずしも大企業から生まれてくるわけではないということを再認識させてくれる。

ポルノは常にテクノロジーの一部

CES 2017 に参加していた、Naughty America の Ian Paul 氏
Image Credit: Dean Takahashi

Naughty America は、CES 出展を許された唯一のポルノ企業だった。以前 CES に多数のポルノ企業が出展して注目を奪い、多くの人を不快にさせたことについて非常に敏感になっているため、同社の展示には多くの制約が課せられた。同社は、仕事中に見られないような VR ビデオをデモしていたミーティングルームをアピールすることは許されなかったと、CIO の Ian Paul 氏が述べた。しかし、同社の CES への参加は、テクノロジーとポルノがお互いの需要を高め合うということを再認識させてくれた。

Paul 氏は、100タイトル以上をリリースしたことで、Naughty America が VR ポルノを適切に撮影する方法を学ぶことができたと述べている。また、同社がユーザについても多くを学んだとしている。VR ポルノが最も人気の州は、カリフォルニア、ニューヨーク、ミズーリ、ユタ州である。

ゲーマーとは常にイカれているものだ

壁にゲームを投影できる Razer の「Project Ariana」
Image Credit: Dean Takahashi

Razer は、ハードコアゲーマー向けの技術を生み出すことでその名を上げてきた。同社製品とその極端なアイデアは、究極のハードコア層にアピールし、その努力は功を奏している。

CES において、Razer はゲーム画面を部屋の壁全体に映写する Project Ariana と、3画面ノートPCの Project Valerie を披露した。外側の2画面は内側に折れ曲がり、ゲームのアクションに没入するような視覚が得られる。両社とも現状は実験的プロジェクトだが、素晴らしくクレイジーなアイデアだ。

3つの画面からなるゲームラップトップ、Razer の [ Project Valerie」
Image Credit: Dean Takahashi
【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------