Uberが、Facebookの情報を使ってUberPOOLの相乗り相手と交流を促す特許を申請

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.2.3

Photo credit: Uber app via Flickr by freestocks.org

<ピックアップ>  Ugh, Uber wants you to bond with your fellow UberPOOL passengers

ハイヤー配車のUberが提供する、他人との相乗りサービス「UberPOOL」。行き先の方向が同じ相手と相乗りすることで、通常のUberXより安く利用することができる。

どんな他人と一緒になるかは蓋を開けてみなければわからず、酔っ払いや、やたらしゃべる相手だと迷惑を被ることも。過去の経験から言って、目的地までの時間が2〜3倍に感じられる。

と、ただでさえ不人気なUberPOOLだが、Uberが相乗りの相手と会話を弾ませるための特許を申請したらしい。これには、Facebookのデータが使われる。

今、Uberを呼ぶと運転手のプロフィールが表示されるが、同様に相乗り相手のプロフ写真、最新の更新情報、共通の趣味などが表示されるという。ご丁寧にFacebookで繋がることも促してくれる。

話が盛り上がれば言われなくても連絡先を交換するし、正直余計なお世話だろう。

via. The Next Web

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------