神戸市と500 Startups、アクセラレーションプログラムの体験イベントを東京・大阪・福岡で4月に開催

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.3.6

昨年開催された 500 Kobe Pre-accelerator の模様
Image credit: 神戸市

3月6日19時更新:大阪会場と福岡会場の参加応募受付ページのリンクを追加

神戸市と 500 Startups は昨年、共同でアクセラレーションプログラム「500 Kobe Pre-Accelerator」を開催したが、この体験をより多くの起業家に共有してもらうことを意図して、東京・大阪・福岡で1日限定イベント「500 Boot Camp」を4月に開催することを明らかにした。参加費は無料で、スタートアップの創業者や社員を対象としている。

運営主体はそれぞれ、東京会場(4月10日、TECH LAB PAAK)が 500 Startups と リクルートホールディングス、大阪会場(4月11日、大阪イノベーションハブ)が 500 Startups と大阪市、福岡会場(4月14日、Fukuoka growth next)が 500 Startups と福岡市。

参加者の募集は 500 Kobe のウェブサイトなどで受け付けられる予定。500 Startups パートナーの Zafer Younis 氏らの説明によれば、東京会場については200名程度、大阪・福岡会場についてはそれぞれ100名以上からの応募を目標にしたいとのことだ。

500 Startups では、サンフランシスコやシリコンバレーを中心にアクセラレーションプログラムを展開しており、これらのプログラムには年間約1万チームが申し込み、約50チームが選抜されている。今回のイベントでは、このプログラムの一部を擬似的に体験することができる。1日イベントで提供できることは限られるが、Younis 氏は、特に投資家にどのように話するか、ビジネスアイデアをどうプレゼンするかについてのコーチングに注力したいと話した。

各都市共通で、講義の内容は概ね以下の通りだ。

  • 13:00~ 500 Startups の紹介
  • 13:30~ スタートアップ向け講義1: Venture Capital 101 for Entrepreneurs
    (起業やベンチャーキャピタルに関する基本事項の解説)
  • 13:50~ スタートアップ向け講義2: Art of Pitching to Investors
    (対投資家プレゼンテーション技法)
  • 14:10~ スタートアップ向け講義3: 500 Kobe Accelerator Information
    (500 Kobe Accelerator プログラム詳細説明)
  • 14:30~ 個別メンタリング(面談・指導)
    500 Startups メンバーとスタートアップによるメンタリングを実施。
    1チーム15 分程度、20~30 チームを対象に実施予定。

なお、この体験イベントには、500 Kobe Accelerator(昨年開催時の名前は、500 Kobe Pre-Accelerator)のプロモーション的要素を含むが、今年のプログラム詳細については、4月上旬に神戸市から発表される見込みとなっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------