Tech in Asiaが、新たなラウンドで600万ドルを調達間近【報道】

SHARE:

TechCrunch が情報源を引用する形で伝えたところでは、シンガポールを拠点とするテック・スタートアップ・ニュースポータル Tech in Asia(TiA)は、新しい調達ラウンドで600万ドルを調達間近とされている。

シンガポール、ジャカルタ、東京、インドにオフィスを持つ TiA は売却を目指していたが、適当な相手を見つけることができなかった。最終的に新しい投資ラウンドを求めることを決定したと、この報道では伝えている。

e27 は TiA のマネージングエディターの Terence Lee 氏に連絡をとったが、Lee 氏はコメントを拒否した。

この報道は、同社のインド部門のレイオフの最中に伝えられた。TiA は2015年にバンガロールにオフィスを開設しインドに進出したが、数日前におよそ5名の従業員(ほぼ全員が編集スタッフ)をレイオフした。TiA は東南アジア全域に約100名の従業員を擁し、独立採算ベースで継続することは困難との理由からインドでの TiA イベントの計画を中止した。

TiA は2011年、東南アジアのテック・スタートアップに焦点を当てるニュースポータルとして設立された。同社はローンチ以来、複数回にわたる調達ラウンドを経験している。2015年6月、SB ISAT Fund がリードし、Facebook 共同創業者でシンガポール在住の Eduardo Saverin 氏、Walden International、Marvelstone, m&s Partners、Nitrous の共同創業者である Andrew James Solimine 氏が参加したラウンドで400万ドルを調達している。このラウンドには従来投資家である East Ventures、Fenox Venture Capital、Simile Venture Partners も参加した。

それより前、TiA は2013年に Fenox Venture Capital がリードしたラウンドで、調達額非開示の資金調達を実施している。同じ年の9月、シンガポール拠点のブログである SGEntrepreneurs を買収した。

TiA は、Y Combinator の高い評価を得ているアクセラレータ・プログラムの2015年冬バッチを卒業している。

【via e27】 @e27co

【原文】