Google系列のライフサイエンス事業「Verily」が医療研究向けのコンセプトスマートウォッチを公開

by Jordan Novet Jordan Novet on 2017.4.28

verily-study-watch
Above: Verily’s Study Watch./Image Credit: Verily

Googleの親会社Alphabetの子会社で生ライフサイエンス事業を運営するVerilyは最新のスマートウォッチに関するプロジェクトを発表した。本デバイスはセンサーや常時接続ディスプレイを搭載し、さらに長寿命の電池を使用している。これは一般向けに開発されたものではない。

Verily社の技術開発リーダーDavid He氏やプロダクトマネージャーTusharParlikar氏、 テクニカルプログラムマネージャーHarry Xiao氏はブログ記事で次のように述べている

「市場には数多くのウェアラブルデバイスが存在しますが、それでもカバーしきれていない具体的なニーズは存在します。臨床や観察研究から得たビックデータを測定可能にして蓄積するデバイスは今までありませんでした」。

Googleのライフサイエンス部門として知られていたVerilyは、今年始めにシンガポールの投資会社Temasekから8億ドルの資金を調達している。同社が過去に携わってきたプロジェクトにはスマートコンタクトレンズなどがあるが、開発研究はGlaxoSmithKline社、Sanofi社、米国国立衛生研究所(NIH)などの提携企業や団体と共に取り組んできたケースが多い。

今回リリースされたスマートウォッチは、これらのパートナーもそれぞれの目的のため利用する。オランダのRadboud大学メディカルセンターやRadboud大学、ParkinsonNetはPersonalized Parkinson’s Projectに、Duke大学とStanford大学医学部は長期的な広範に渡る発病ベースライン研究にこれを使うとしている。

Googleは2014年にAndroid Wearを出した後、2017年2月にはバージョン2.0を発表してLG WatchStyleやWatch Sportなどの互換デバイスを売り出した。

この研究用時計は常に時間がわかるようになっており、時には研究指示も表示する。常時接続ディスプレイは特に新しいものではなく、2014年発売のLG G WatchやSamsungの新製品Gear S3にも搭載されている。しかし第1世代と第2世代のApple Watchデバイスにはない。

臨床や観察研究から得られたデータは暗号化されてVerilyのサーバーに送られるとHe氏やParlikar氏、Xiao氏は述べている。

同社の広報担当者からの説明によると、このウォッチデバイスはリアルタイムOSと呼ばれるオペレーションシステムで動き、モバイルデバイスのVerily Study Hubと接続してデータをアップロードする仕組みになっているとのことだ。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------