アプリ運営プラットフォーム「Yappli」提供のファストメディアが「ヤプリ」に社名変更、アプリの総ダウンロード数は1000万件に

SHARE:

yappli

ウェブサービスからスマートフォン向けアプリを構築できる運営プラットフォーム「Yappli」を提供するファストメディアは4月1日付けで社名をヤプリに変更、2013年4月1日の創業期からの4年間を振り返るインフォグラフィックを公開している。

Yappliは直接コードを書かずにウェブ上のUIからiOS、Android向けのスマートデバイスアプリを制作できるツール。アプリを公開した後も管理画面から更新することで直感的にアプリの運営が可能になっている。月額29800円の個人プランと法人プランが用意されている。

今回公開されたインフォグラフィックで同社はこれまでの導入社数を220社、総アプリダウンロード数が1000万件に到達したことを公表。導入している企業もオムニチャネル(O2O)関連が6割を占めるなど、小売事業者のアプリ利用の下支えになっていることを伝えた。

Source:PRTIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録