荷物預かりのシェアリング「ecbo cloak」が大阪でサービス開始、年内に福岡や名古屋など主要都市へ拡大予定

SHARE:

ecbocloak_osaka_2

荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは5月31日、対応エリアを大阪へ拡大することを発表した。4月の京都進出以来、3カ所目のエリア拡大となる。

<関連記事>

ecbo cloakは旅行者などの荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つお店を繋ぐシェアリングサービスで大阪では食べ歩きを楽しむ旅行客をメインターゲットとする。加盟店舗は中華料理店の「大成閣」や海鮮居酒屋「てつたろう」などの飲食店をはじめ、メイド喫茶やゲームセンター含め30店舗。

同社は毎月対応エリア拡大を実施しており、年内には福岡や名古屋、北海道、神戸といった主要都市へ進出していく予定。年内の登録店舗数1万店舗を目指している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録