2025年には米国の労働力の75%を占めるミレニアル世代ーー消費行動を把握する「AI」と「3つのビッグデータ」

0200299af82bf865e1d36dcadea29d60
Maria, 22, Phd Student by Ohad Cadji via Attribution Engine. Licensed under CC BY-NC-ND.

ミレニアム世代について語ろう。誰もが待ち望んでいる人口学的セグメントであり、そのため世界中のマーケティング・マネージャーたちがここを理解しようと奮闘している。

彼らは本当に複雑な世代なのだろうか?彼らが望むものを見つけ出して、リピーターにし続けるためには人工知能に頼らなければならないだろうか?AIは実際、ミレニアム世代の絶え間なく移り続けるトレンドスパンに対応するための究極の武器である。

幸いなことに機械学習の分野が急速に進歩したことは、この気まぐれな「ターゲット市場」が本当に望んでいるものを解明するのに役立つことになるだろう。機械学習はAIの世界ではクリスタルボールである。既存のデータを分析し、複雑なアルゴリズムによって将来同様のケースで何が起こるかを予測する。

機械学習サービスプロバイダーはマーケティング手法において、ミレニアム世代とのコミュニケーション方法をサポートしてくれる。そこで得た答えによると、ミレニアム世代とつながりたいのであれば、チャットボットを作るべきだそうだ。

幸い、ミレニアム世代がオンラインで過ごす膨大な時間は、インターネット利用行動の傾向を明らかにするために収集された多数のデータポイントを提供する。

2025年には、ミレニアム世代が米国の労働力の75%を占めると推定されている。機械学習はショッピング、ソーシャルメディア、またはあらゆるオンライン活動に関する現在のデータを調査し、ミレニアム世代が今後どのように行動するかを予測する。

彼らの行動パターンは広告のターゲットのために利用される。例えば機械学習アルゴリズムは、ターゲットオーディエンスが最も頻繁に視聴するビデオのタイプを予測し、ターゲットオーディエンスが最も見る可能性のある広告スペースをブランドが使用できるようにする。

ここで重要なポイントは機械学習が単なるデータを情報や知識、知恵に変えることができるということである。ただしこのデータが処理されて意味のある形式に変換された場合にのみ有効になる。いくつかのアプローチ例を紹介しよう。

モノのインターネット(IoT)

私たちがインターネットに接続できるプラットフォームは、モノのインターネットパラダイムの台頭とともに爆発的に広がった。もはやラップトップとスマートフォンに限られていない。ほぼすべての動きは、日々の生活の中で使用されるデバイスによって追跡できる。スマートテレビ、フィットネス機器、時計、GPSドングルなどは、オンラインでデータを収集する。

モノのインターネットパラダイムでは、私たちがやることはすべてインターネットに接続され、データポイントに変換することができる。これらのデータポイントは大規模なデータマイニングや機械学習で活用することができ、ミレニアム世代の日常生活のパターンを明らかにするために使用される。ミレニアム世代がどのように操作しているかを知ることで、彼らの注意を最も引きつける方法についての洞察が得られる。

ソーシャルメディア

Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームからの大規模なデータマイニングは、ミレニアム世代の活動に関する情報を収集する最も強力な方法の1つである。彼らは他のどの年齢層よりもソーシャルメディアに繋がっている。機械学習を利用してソーシャルメディアデータを収集することで、企業は自社の製品について、どのような感情が製品カテゴリに向かっているのか、競合他社の広告キャンペーンにどのように対応するのか、そしてターゲットを絞った広告キャンペーンをデザインするために使用できる他の多数のデータについてミレニアム世代とコミュニケーションすることができる。

クレジットプロファイル

機械学習のアウトプットはミレニアム世代の重要かつ満たされていないニーズの1つに直結する、カスタマイズされたショッピング体験にも役立つ。これは独自のニーズに合わせて自分の経験をカスタマイズするという欲求を満たすものだ。

一方でSoLoMo(ソーシャル・ロケーション・モバイル)とRetailWarsを使用すると、機械学習アルゴリズムは、ソーシャルメディアやWebブラウジングの動向予測や感情分析を提供し、次善策の決定を支援してくれる。また機械学習によって、ミレニアム世代の信用度プロファイルを非伝統的なデータで引き受けることが可能になった。これはもちろんミレニアム世代の消費者がより多くの消費力を得る可能性、より多くの買い物データ、将来の買い物の傾向を予測する機械学習のためのより多くのデータを可能にする。

全体としてミレニアム世代が長年にわたり注目していくターゲット市場となるであろう。彼らの絶え間なく変化する行動は、小売業者やサービスプロバイダーが彼らの要求に追いつくのを困難にしてはいるが。

ミレニアム世代と関わることは、競合する膨大な量の情報を考えると至難の業である。大量のデータ、そして重要なトレンド分析と洞察にデータを高速処理する機械学習アルゴリズムが将来必要になってくる。

機械学習AIはミレニアム世代の人々の日常生活や、製品、イベント、消費者関与プラットフォームにどのように反応するかを理解する鍵となるのだ。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat